\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

オーデマピゲ ダサいという評価は間違い?本当の評価と魅力を再考

当ページのリンクには広告が含まれています。
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

オーデマピゲは、時計愛好家やファッションに敏感な人々の間でしばしば議論の的となるブランドです。

一部では「オーデマピゲはダサい」という評価が見られることもありますが、この評価は表面的な見方に過ぎないと言えるでしょう。今回は、この高級時計ブランドが実際に持つ本質的な価値と魅力について深掘りしていきます。

オーデマピゲの歴史、デザインの独創性、技術的な精巧さなど、一見の価値がある多くの側面を探りながら、なぜ「オーデマピゲ ダサい」という表面的な評価が生まれたのか。

そしてそれがなぜ誤解に基づいているのかを明らかにしていきます。

この記事のポイント!
  1. オーデマピゲは長い歴史と技術革新を誇るブランド。
  2. ロイヤルオークの象徴的なデザインが時計業界に影響を与えた。
  3. オーデマピゲの魅力は精密な技術と耐久性の高い素材使用。
  4. オーデマピゲはダサい訳ではない理由がここに!
タップできる目次

オーデマピゲ ダサい?その真実を解明

オーデマピゲ ダサい?その真実を解明
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

オーデマピゲの歴史と革新性

オーデマピゲの歴史

オーデマピゲの歴史は、単なる時計製造の歴史を超えて、技術革新と芸術的デザインの融合を象徴しています。1875年にジュール・ルイ・オーデマとエドワード・アウグスト・ピゲによって設立されたこのブランドは、創業から現在に至るまで、時計製造の限界に挑戦し続けています。

1892年:ミニッツリピーター

オーデマピゲが世界に誇る技術の一つに、1892年に発表された世界初のリストウォッチサイズのミニッツリピーターがあります。この複雑な機構は、時計が時間を音で知らせるという機能を小さなケース内に収めるという、当時としては革命的な技術でした。

1934年:スケルトンウォッチ

また、1934年には、複雑な計時機能を備えた最初のスケルトンウォッチを製造し、時計の内部機構の美しさを視覚的にも楽しめるようにしました。

1972年:ロイヤルオーク

オーデマピゲの革新性は、1972年に発表された「ロイヤルオーク」にも見られます。この時計は、高級時計としては異例のステンレススチール製でありながら、当時の金製時計と同等、あるいはそれ以上の価格設定がされました。

ロイヤルオークの八角形のベゼルと「タペストリー」パターンのダイヤルは、時計デザインの新たな潮流を生み出し、今日では多くのブランドが影響を受けるデザインアイコンとなっています。

2019年:世界最薄の自動巻きトゥールビヨンウォッチ

オーデマピゲの技術革新は、現代においても続いています。

2019年には、わずか2mmの厚さを誇る「ロイヤルオーク コンセプト フライング トゥールビヨン」を発表しました。これは、その時点で世界最薄の自動巻きトゥールビヨンウォッチとなり、時計製造技術の新たなマイルストーンを打ち立てました。

このように、オーデマピゲは創業以来、技術的な優れた革新と、それを包む洗練されたデザインで時計業界に新たな価値をもたらし続けています。

その歴史は、ただ長い年月を経たというだけでなく、時計製造の可能性を広げ、時計愛好家だけでなく、高級品を愛する人々の心を捉えて離さない、深い魅力に満ちているのです。

高級時計の3大ブランドにおけるオーデマピゲ

高級時計の3大ブランドにおけるオーデマピゲ
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

高級時計の世界において、オーデマピゲはパテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並ぶ「時計の三大ブランド」と称されることがあります。

これらのブランドは、卓越した技術力、長い歴史、そして独自のデザイン哲学を持っており、オーデマピゲはその中でも特に革新的なデザインで知られています。

オーデマピゲの時計は、単なる時間を告げる道具ではなく、芸術作品としての価値も持ち合わせています。

世界7大腕時計ブランドとしての地位

オーデマピゲは、ロレックスやカルティエといった名だたるブランドと共に「世界7大腕時計ブランド」にも数えられます。

この称号は、ブランドの知名度、影響力、そして時計の品質に基づいており、オーデマピゲがこの中に名を連ねることは、その地位を証明するものです。

オーデマピゲの時計は、世界中の時計市場で高い評価を受けており、そのデザインと機能性は多くの人々に愛されています。

オーデマピゲの技術力の秘密

オーデマピゲの技術力は、その精密なムーブメントと革新的な時計製造プロセスにその秘密があります。

技術力①:ムーブメント

オーデマピゲのマニュファクチュールでは、数百もの部品を手作業で組み立て、それぞれの時計が独自の精度検査を経て初めて顧客の手に渡ります。

例えば、オーデマピゲの自社製ムーブメントは、一般的な機械式時計の精度基準であるCOSC(スイス公式クロノメーター検定)をはるかに超える、独自の基準を設けています。

技術力②:エスケープメント

この厳格な基準は、オーデマピゲが独自に開発した「エスケープメント」という部品にも見られます。

従来のスイスレバーエスケープメントとは異なり、オーデマピゲのエスケープメントは摩擦を大幅に減少させ、より長期間の潤滑油の劣化を防ぎます。

これにより、時計の精度が長期間にわたって保たれるのです。

技術力③:素材(スーパーティタニウム)

また、オーデマピゲは、時計の耐久性を高めるために、特殊な合金を使用しています。

ロイヤルオークのケースやブレスレットに使用される316Lステンレススチールは、腐食に強く、日常生活での傷にも強い特性を持っています。

さらに、オーデマピゲが開発した新素材「スーパーティタニウム」は、従来のチタンよりも約40%軽く、同時に5倍の硬度を誇ります。

技術力④:職人の高度な技術

オーデマピゲの技術力は、これらの具体的な技術革新だけでなく、時計職人の高度な技術と長年にわたる経験にも支えられています。

彼らは、微細な部品を精密に組み立てるために、目に見えないほどの細かい作業を行い、それぞれの時計に息を吹き込んでいます。

このようにして、オーデマピゲは時計製造の伝統を守りつつ、その技術力を未来に向けて進化させ続けているのです。

ロイヤルオークの不変の魅力

ロイヤルオークの不変の魅力
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

ロイヤルオークは、オーデマピゲの中でも特に象徴的な存在であり、その魅力は時代を超えて不変です。

ロイヤルオークの革命

1972年にデザイナーのジェラルド・ジェンタによって生み出されたこの時計は、その当時としては革命的なコンセプトでした。高級時計の世界で初めてステンレススチールを贅沢に使用し、金製の時計に匹敵する価格設定を行いました。

この決断は、高級時計の価値観を根底から覆すものであり、時計業界におけるデザインと素材の新たな基準を確立しました。

ロイヤルオークの特徴

ロイヤルオークの特徴的な八角形のベゼルは、伝統的な円形や四角形のケースに対する大胆な挑戦であり、ベゼルに使用される8本の六角形のネジは、その堅牢性を象徴しています。

また、ダイヤルに施された「タペストリー」パターンは、繊細な光の反射を生み出し、見る角度によって異なる表情を見せます。

このパターンは、専用の機械を用いて職人が一つ一つ丁寧に作り出しており、オーデマピゲの細部にまで及ぶこだわりを示しています。

ロイヤルオークの魅力

ロイヤルオークの魅力は、そのデザインだけに留まりません。

内部に搭載されるムーブメントも、オーデマピゲの技術力の結晶です。例えば、ロイヤルオーク「エクストラシン」モデルには、厚さわずか3.05mmの自動巻きムーブメントが搭載されており、その薄さと精度の高さで知られています。

このムーブメントは、長年にわたる研究と開発の成果であり、時計の薄型化と性能の両立を実現しています。

ロイヤルオークのコレクションは、その後も多様なバリエーションを展開しており、各モデルは独自の特徴を持ちます。

ロイヤルオーク オフショアは、よりスポーティで堅牢なデザインが特徴で、ダイビングウォッチとしての機能性を備えています。これらのモデルは、それぞれが独自の技術的特徴を持ちながらも、ロイヤルオークの核となるデザイン哲学を継承しています。

このように、ロイヤルオークの不変の魅力は、その革新的なデザインと、時計製造の伝統に裏打ちされた高い技術力にあります。時計愛好家だけでなく、デザインや芸術を愛する人々にとっても、ロイヤルオークは特別な存在であり続けているのです。

資産価値と投資価値の真実

資産価値と投資価値の真実

オーデマピゲの時計は、単に現在の所有者だけでなく、将来的にも価値を持続する投資品としての側面を持っています。特に限定モデルや希少なコレクションは、時が経つにつれてその価値を高めていきます。

例えば、過去に発売された限定モデルは、オークションで当初の販売価格を大きく上回る価格で取引されることがあります。

これは、オーデマピゲの時計が単なるアクセサリーではなく、資産としての価値も兼ね備えていることを示しています。

日本の時計御三家とオーデマピゲの比較

日本には「時計御三家」と称されるセイコー、シチズン、カシオという3つのブランドがありますが、オーデマピゲとこれらのブランドとの間には、明確な違いがあります。

日本の時計御三家は、技術の革新性やコストパフォーマンスに優れていますが、オーデマピゲは、その卓越した職人技と限定生産による独自性、そして長い歴史に裏打ちされたブランド価値において、一線を画しています。

日本のブランドが日常使いの実用性を追求する一方で、オーデマピゲは特別な日やフォーマルな場に相応しい、ステータスシンボルとしての役割を果たしています。

オーデマピゲを愛用する芸能人たち

オーデマピゲは世界中のセレブリティや芸能人に愛されています。彼らが公の場でオーデマピゲの時計を身につけることは、ブランドの魅力をより一層際立たせています。

例えば、ハリウッドのスターからスポーツ界のトップアスリートまで、多くの著名人がオーデマピゲの時計を選んでおり、そのライフスタイルと共にオーデマピゲの時計が注目されることは、ブランドのプレステージを高める要因の一つです。

オーデマピゲがダサいと評価される背景の考察

ダサいと評価される背景①

オーデマピゲが時として「ダサい」と評価される背景には、時計業界におけるデザインの革新性と、一般的な美的規範との間に生じるギャップがあります。

オーデマピゲのデザインは、時計製造の伝統的な枠組みを敢えて破り、独自の美学を追求しています。

ロイヤルオークの八角形ベゼルや可視的なネジは、初めて目にする人には異質に映るかもしれません。これは、一般的なラウンドケースや隠されたネジといった、より保守的なデザインが一般的であるためです。

ダサイと評価される背景①に対する反論

しかしながら、オーデマピゲのデザイン哲学は、単なる反逆ではなく、深い意味を持ったものです。

ロイヤルオークのデザインは、1970年代の高級時計市場におけるステータスクオに挑戦する意図を持っていました。この時計は、ステンレススチールを贅沢な素材として扱い、高級時計の概念を再定義しました。

その結果、ロイヤルオークは高級時計の新たなカテゴリーを生み出し、時計業界におけるデザインの新たな潮流を作り出しました。

ダサいと評価される背景②

また、オーデマピゲがダサいと評価されるもう一つの理由は、流行に左右されないデザインへの誤解です。

オーデマピゲの時計は、一過性のトレンドに流されることなく、長期間にわたってその価値を保ち続けることを目指しています。このため、一時的な流行に敏感な消費者からは、時代遅れと見なされることもあります。

ダサいと評価される背景②に対する反論

しかし、時計収集家や専門家の間では、オーデマピゲの時計はその技術的な洗練さとデザインの独創性で高く評価されています。

オーデマピゲのデザインが一部でダサいと評価されることは、その独自性と時代を超越した価値を理解するためには、時計に対する深い知識と洞察が必要であることを示しています。

オーデマピゲの時計は、単なる時間を示す道具ではなく、時計製造の伝統、技術、そして芸術を体現した作品なのです。

そのため、オーデマピゲの時計を深く理解することは、時計の本質を理解する旅とも言えるでしょう。この旅を通じて、オーデマピゲの真の魅力が明らかになり、その評価は再び高まることになるのです。

オーデマピゲ ダサいという誤解

オーデマピゲ ダサいという誤解
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

オーデマピゲは何がすごいのか?

オーデマピゲの時計が世界中で高く評価される理由は、その卓越した技術力とデザインにあります。

オーデマピゲは複雑な機械式ムーブメントを自社で開発し、それを美しいデザインに落とし込むことに成功しています。また、限定モデルや特別なコレクションは、時計製造の伝統を守りつつも、現代の技術とデザインを融合させた結果であり、そのすばらしさは計り知れません。

オーデマピゲの魅力を再発見

オーデマピゲの時計が放つ魅力は、その単なる機能性を超えたところにあります。

オーデマピゲの魅力:ロイヤルオーク

オーデマピゲは、時計を単なる時間を知らせるツールではなく、個人のステータスや美的感覚を表現するアクセサリーとして捉えています。その最たる例が、ロイヤルオークシリーズです。このシリーズは、その登場以来、スポーツラグジュアリーウォッチのジャンルを確立し、時計の新たな価値を創造しました。

ロイヤルオークのデザインは、スポーツウォッチの堅牢さと高級時計の洗練された美しさを見事に融合させています。

例えば、そのケースの厚みはわずか9mmでありながら、100メートルの防水性能を備えています。これは、日常生活はもちろんのこと、水泳やシュノーケリングなどのアクティビティにも対応できることを意味しています。

また、ロイヤルオークのブレスレットは、手首にしっかりとフィットし、長時間の着用でも快適性を損なわない工夫が施されています。

オーデマピゲの魅力:製造過程

さらに、オーデマピゲの時計は、その製造過程においても特別な魅力を持っています。

一つ一つの時計は、数百時間に及ぶ手作業によって組み立てられ、厳しい品質管理を経て完成します。このような手間ひまをかけることで、オーデマピゲは時計一つ一つに魂を吹き込み、所有者にとってかけがえのない価値を持たせています。

オーデマピゲの魅力:自己表現の手段

オーデマピゲの時計は、その所有者にとっての自己表現の手段となり得ます。

たとえば、ロイヤルオークの「フロステッドゴールド」モデルは、表面に特殊な打ち出し加工を施すことで、独特の輝きを放ちます。この加工により、時計はまるでダイヤモンドのような煌びやかさを持ち、所有者の洗練されたセンスをアピールします。

オーデマピゲの魅力を再発見することは、時計に対する深い理解と愛情を育む旅でもあります。

所有者が時計を選ぶ際には、そのデザインや機能性だけでなく、時計が持つ物語性やブランドの哲学にも注目することが大切です。オーデマピゲの時計は、所有者のライフスタイルや価値観を映し出し、日常に豊かな色彩を添える存在となるでしょう。

オーデマピゲの魅力:デザイン哲学

オーデマピゲのデザイン哲学は、革新と伝統の融合にあります。

そのデザインは、時計製造の歴史に敬意を表しつつも、常に時代の最先端を行くよう努めています。

たとえば、ロイヤルオークのデザインは、当時としては斬新でありながら、今日では多くの時計ブランドに影響を与えるほどのステータスを築いています。

オーデマピゲの魅力:多様なコレクション

オーデマピゲは、ロイヤルオークだけでなく、オフショア、ミレネリー、ジュール・オーデマなど、多様なコレクションを展開しています。それぞれのコレクションは、異なるデザインコンセプトと機能性を持ち、多くの時計愛好家たちに選ばれています。

オフショアはスポーツと耐久性を重視したデザインでありながら、洗練された都会的な魅力を持っています。

ミレネリーはそのユニークな楕円形のケースが特徴で、ジュール・オーデマコレクションはクラシックなエレガンスを追求しています。

これらのコレクションは、オーデマピゲがただの時計メーカーではなく、時計を通じて多様なライフスタイルを提案するブランドであることを示しています。

オーデマピゲと他ブランドとの比較

オーデマピゲは、高級時計の世界において、その独自のデザイン哲学と技術的なマスターピースで、他のブランドと一線を画しています。

例えば、パテックフィリップが伝統的なエレガンスを追求し、ロレックスが堅牢なスポーツウォッチで知られる中、オーデマピゲは革新的なデザインと複雑な機構でその名を馳せています。

グランドコンプリケーション

オーデマピゲの時計は、特にその複雑なムーブメントにおいて他の追随を許しません。

オーデマピゲの「グランドコンプリケーション」シリーズは、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター、星空図など、複数の高度な機能を一つのムーブメントに統合しています。

これらの時計は、数千万円という価格帯で取引されることも珍しくありませんが、その価値は単に機能の複雑さによるものではありません。

それぞれの時計が持つ独特のストーリー、手作業による精密な仕上げ、そして限定生産による希少性が、コレクターたちを魅了するのです。

ロイヤルオークシリーズ

また、オーデマピゲはデザインにおいても他のブランドと一線を画しています。

ロイヤルオークシリーズのように、一見してオーデマピゲの時計と分かるデザインは、他のどのブランドにも見られない特徴です。その八角形のベゼル、露出したネジ、一体型のブレスレットは、時計デザインの革命とも言えるほどのインパクトを業界に与えました。

これらのデザインは、発表から数十年が経過した今でも、時計愛好家の間で高い評価を受け続けています。

オーデマピゲと他の高級時計ブランドとの比較は、単なる品質や価格の比較に留まらない深い洞察を必要とします。オーデマピゲの時計は、その所有者にとってのステータスシンボルであり、芸術作品であり、技術的な成果物であると同時に、長い年月を経ても色褪せない価値を持ち続ける投資品でもあります。

このように、オーデマピゲは時計を通じて、美学、技術、そして価値の三位一体を実現しているのです。

オーデマピゲの時計を選ぶべき理由

オーデマピゲの時計を選ぶべき理由
画像引用元:AUDEMARS PIGUET

オーデマピゲの時計を選ぶべき理由は数多くありますが、その中でも特に重要なのは、その時計が持つ独自の価値と所有する喜びです。オーデマピゲの時計は、高い技術力と美しいデザインが融合しており、それを身につけることで、所有者のステータスと個性を象徴するアイテムとなります。

また、限定モデルや特別なコレクションは、時間と共にその価値が増す可能性があり、資産としての側面も見逃せません。

このように、オーデマピゲはただの高級時計ブランドではなく、その時計一つ一つが持つ独自の物語と価値を提供しています。それは、単に時間を知るための道具ではなく、所有者のライフスタイルや価値観を表現するためのアイテムであり、その魅力は時を超えて多くの人々に認められているのです。

オーデマピゲ ダサいという評価は間違い?:総括

最後に今回の記事のまとめを記載しておきます。

  • オーデマピゲは高級時計の象徴
  • 伝統的デザインが時代を超える美を提供
  • 古典的モデルは時代を超えた魅力を持つ
  • 技術的精度と独自性がブランド価値の核
  • ファッション業界での好みは主観的
  • 特定顧客層への特化がブランドの強み
  • 独特のスタイルはブランド哲学の表現
  • 収集家には高い評価を受ける
  • 歴史と遺産が特定層には価値ある存在
  • 高級感のマーケティングがブランド価値を強化
  • 新コレクションは時代に即したデザインを採用
  • 一貫した高級志向がブランドイメージを定義

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次