\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

サウナでG-SHOCK!選び方と注意点まとめ!おすすめモデル5選

当ページのリンクには広告が含まれています。

サウナ好きなら、防水性能が高く、サウナの高温にも耐えることができるG-SHOCKの持つ可能性に注目したいところです。

G-SHOCK サウナ」という組み合わせは一見すると意外かもしれませんが、この耐久性の高い時計はサウナでもその性能を発揮します。

何度までの高温に耐えられるのか、心拍数を計測できるスマートウォッチ機能はサウナ利用時にどのように役立つのか、さらにはサウナ利用におすすめのモデルはどれなのか。

これらの疑問に答えながら、サウナでの快適な時間をサポートするG-SHOCK選びのポイントをご紹介します。

この記事のポイント!
  • G-SHOCKの防水性能がサウナ利用にどのように役立つか。
  • サウナ利用時におけるG-SHOCKの耐熱性に関する情報。
  • サウナでの心拍数測定機能の活用法。
  • サウナ利用に適したG-SHOCKのおすすめモデル。
タップできる目次

G-SHOCKサウナでの使用ガイド

G-SHOCKサウナでの使用ガイド

サウナ用G-SHOCKの性能の注意点

現在サウナ専用と謳われたG-SHOCKは市場に出ていないため、使用する際は自己責任で判断する必要があります。特に、以下の点を注意するとよいでしょう。

サウナ利用時の注意点
  • 防水機能
  • 耐熱性
  • 時間の計測
  • 着け心地

順に紹介していきます。

防水機能

G-SHOCKの防水機能は、サウナや水風呂を頻繁に利用する方にとって必須の特徴です。これは、日常生活はもちろん、アクティブな水辺での活動にも対応できるためです。

実際、G-SHOCKの多くのモデルでは、水深200メートルに耐えうる20気圧防水機能を搭載しています。

しかし、この高い防水性能を維持するためには、サウナ利用後の適切なケアが欠かせません。

具体的には、サウナや水風呂の後、時計についた汗や水分は、内部構造への潜在的な損害を避けるために、必ず清水で丁寧に洗い流すべきです。

また、時計のパッキンやシール部分は経年劣化するため、定期的な交換やメンテナンスにより、防水性能の低下を未然に防ぐことが可能です。

管理人

これらの対策を怠ると、最悪の場合、時計内部への水漏れや故障の原因となり得ます。

そうならないためにも、G-SHOCKを長く安心して使用するためには、正確な時間管理だけでなく、適切なアフターケアが同じくらい重要であることを忘れないでください。

耐熱性

サウナ利用時、G-SHOCKを選ぶ際には、その耐熱性も重要な要素となります。

通常、サウナ室内の温度は85℃から100℃に達するため、この厳しい環境下でも正常に機能する耐熱性能が必須です。加えて、バンドの素材選びにも細心の注意を払う必要があります。

金属製のバンドは高温で直接肌に触れると火傷のリスクがあり、サウナ利用時には適していません。

このため、サウナ使用においては、熱による影響が少なく、肌への刺激が低い樹脂やウレタン、プラスチック製のバンドが推奨されます。

これらの素材は丸洗いが可能で、水や汗を簡単に拭き取れるため、サウナ後のお手入れも容易です。さらに、これらの素材は水を弾く特性を持っているため、サウナの高湿度環境でも時計本体を守るのに役立ちます。

管理人

耐熱性と快適な付け心地を提供するバンド素材の選択は、非常に重要です。

こうした点を考慮し選ばれたG-SHOCKは、サウナ愛好家にとっても長く信頼できるパートナーとなるでしょう。

正確な時間計測

サウナでG-SHOCKを使用することの最大の利点は、確実で便利な時間管理が可能になることです。

サウナを訪れる多くの人々は、リラクゼーションだけでなく、健康促進のためにも効果的な時間の使い方を求めています。

この点で、G-SHOCKの持つ正確なタイムキーピングと、ストップウォッチタイマー機能が非常に役立ちます。

これらの機能を利用することで、サウナ滞在時間、水風呂でのクールダウン時間、そして休息期間を正確に測定し、最適なサウナ体験を設計することが可能です。

また、G-SHOCKが提供するこれらの機能は、サウナ利用の質を高めるだけでなく、利用者にとってより安全な環境を作り出すのにも寄与します。

過度なサウナ滞在は健康リスクを高める可能性があるため、時間を適切に管理することは非常に重要です。このように、G-SHOCKをサウナで使用することは、ただ時間を知る以上の価値をもたらします。

それは、より健康的で、安全かつ満足度の高いサウナ体験へと導く重要な手段となり得るのです。

快適な付け心地

サウナを満喫する際、G-SHOCKを身に着けることは、多くの利点をもたらしますが、選択するモデルによってその快適さは大きく変わります。

サウナ内でのリラックスを最大限に引き出すためには、着け心地が軽く、身体に負担をかけない時計を選ぶことが肝心です。

特に、重くて大きな時計は、サウナでのリラクゼーションを妨げ、使用中にストレスを感じさせることがあります。加えて、心拍数測定などの高度な機能を搭載したモデルは、その機能性の代償として、ケースが大きくなりがちです。

このようなモデルは、機能面で魅力的かもしれませんが、サウナでの利用を考えると、その大きさや重さが逆に不便を感じさせる原因になり得ます。

したがって、サウナでの使用を想定している場合、時計のサイズや重さは、選択する際の重要な考慮事項の一つとなります。

管理人

実際にサウナで時間を計測したいだけであれば、軽量でコンパクトなモデルが最適です。

これらのモデルは、装着していることをほとんど感じさせない快適な着け心地を提供し、サウナでのリラックスタイムを邪魔しません。

G-SHOCKには、様々なサイズ機能を持つモデルが豊富に揃っているため、サウナ利用を念頭に置いた際にも、個人のニーズに合った時計を見つけることが可能です。

サウナでの穏やかな時間を存分に楽しむためにも、G-SHOCK選びにおいては、機能性だけでなく、快適な着け心地を提供する軽量でコンパクトなモデルを選択することをおすすめします。

何度までの耐熱性がある?

何度までの耐熱性がある?

G-SHOCKの耐熱性は、その堅牢さで知られますが、正確な耐熱温度を知ることは難しいです。

ただし、一般的なモデルでもかなりの高温に耐えることができるとされています。例えば、サウナの環境下でもG-SHOCKは機能を維持することが多いです。

ただ単に耐熱性が高いだけでなく、その耐久性によって、さまざまな環境下での使用が可能になります。

しかし、サウナのような極端に高温の場所での使用は、時計にとって厳しい試練となります。それは、高温が時計内部の機械や電池に影響を与える可能性があるためです。

そのため、サウナでの使用時には、時計が直接高温に晒されないよう注意が必要です。

管理人

多くのG-SHOCK愛用者がサウナでの使用経験を報告していますが、長時間の使用は避けるよう勧められています。

これらの理由から、G-SHOCKは高温環境での使用に耐えうる時計ですが、使用条件には注意を払う必要があります。

心拍数測定機能の活用

G-SHOCKの心拍数測定機能は、健康管理やトレーニングの効果を高めるために役立ちます。

この機能を活用することで、日常生活や運動中の心拍数を簡単に確認できることはもちろん、サウナ利用時の心拍数を計測することが可能です。

サウナ利用時の心拍数測定は、体調管理に役立ちます。

高温で心拍数が上昇するため、その変化を監視することで過度な負荷を避け、安全にサウナを楽しむことが可能になります。

また、心拍数を基にサウナの効果的な利用法を見つけ出し、健康維持や向上につなげることができます。

しかし、心拍数測定機能を使用する際は、あくまで参考値として考えることが大切です。専門的な医療機器ではないため、正確性には限界があることを理解しておきましょう。

管理人

完全に信用せず体調をみながらサウナを楽しんでください

耐寒性能とサウナ後の水風呂

耐寒性能とサウナ後の水風呂

G-SHOCKはその耐寒性能でも知られており、寒冷地での使用にも適しています。

サウナで高温に晒された後、冷たい水風呂に入るという急激な温度変化にも、G-SHOCKはしっかりと対応します。このような条件下でも時計の機能が正常に働き続けることは、G-SHOCKの高い耐久性を示しています。

しかし、極端に高温から低温への急激な変化は、どんなに耐久性の高い時計であってもリスクを伴います。

例えば、サウナで長時間過ごした後の水風呂では、時計内部への水蒸気の侵入や、材質の収縮による影響が考えられます。

管理人

サウナと水風呂を繰り返す際には、時計の状態を定期的にチェックし、異常が見られた場合は専門家に相談しましょう。

G-SHOCKの耐寒性能を信頼しつつも、過信はせず、時計を長持ちさせるための適切なケアを心がけましょう。

耐久性の秘密

G-SHOCKの耐久性は、その設計から来ています。

内部メカニズムを保護するため、衝撃吸収材料を使った構造が採用されています。また、時計の外装も、強度の高い素材を使用して製造されており、落下や強い衝撃から時計を守ります。

それから、防水性にも特化しており、水泳やダイビングなどの水中活動でも使用できるモデルがあります。

こうした様々な機能は、ユーザーがどんな環境にいても、G-SHOCKに頼れることを意味しています。

しかし、耐久性が高いとはいえ、過度の衝撃や極端な環境下での使用は避けるべきです。

もちろん、定期的なメンテナンスも大切で、時計の耐久性を長く保つためには、適切なケアが必要になります。

スマートウォッチ機能とサウナ

スマートウォッチ機能とサウナ
画像引用元:CASIO

G-SHOCKのスマートウォッチモデルは、日常生活での利便性を高める様々な機能を備えています。

たとえば、スマートフォンの通知を受け取る機能や、活動量の記録が可能です。こうしたスマートウォッチ機能は、サウナを利用する際にも有用です。

例えば、サウナの中でリラックスしている間に、大切な通知を見逃さないようにすることができます。

しかし、サウナの高温環境は、スマートウォッチ機能にも影響を与える可能性があります。

そのため、サウナでスマートウォッチ機能を活用する場合は、温度に注意しましょう。また、サウナ使用後は、時計が過熱しないように、適切な場所で冷ますことが推奨されます。

これには、時計の性能維持だけでなく、安全のためにも必要な措置です。

G-SHOCKサウナにおけるモデル選び

G-SHOCKサウナにおけるモデル選び

防水性能とサウナ使用

G-SHOCKの防水性能は、水辺でのアクティビティにおいて非常に重要な特徴です。この高い防水性能は、サウナ使用時にも大きなメリットをもたらします。

サウナの後、冷水風呂に入る際でも、G-SHOCKを身につけたままでいられるのは、その防水性能のおかげです。

しかし、サウナと水風呂の繰り返しは、時計にとって厳しい試練となることもあります。高温と低温の急激な変化は、時計の防水機能に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、サウナでの使用を頻繁に行う場合は、時計の状態をこまめにチェックし、異常がないかを確認しましょう。

管理人

水風呂後に時計内に結露が見られる場合は、すぐに専門家に相談することが大切です。

このように、G-SHOCKの防水性能はサウナ使用時に大きな安心感を提供しますが、適切なケアと注意が必要です。

G-SHOCKの種類と選び方

G-SHOCKには、多種多様なモデルが存在します。選び方の一つとして、使用目的を明確にすることが挙げられます。

例えば、スポーツ用途ならば、ストップウォッチ機能や心拍数測定機能が付いたモデルを選ぶと良いでしょう。

また、ファッション性を重視するならば、デザインやカラーバリエーションが豊富なモデルから選択するのがおすすめです。

防水機能の強度に応じて選ぶのも、重要なポイントです。サウナや水泳など、水に触れる機会が多い活動をする場合は、高い防水性能を持つモデルが適しています。

その上で、価格帯も考慮に入れると、より自分に合ったG-SHOCKを見つけることができます。ただし、多機能モデルほど価格が高くなる傾向にあるので、予算内で最適な機能を備えた時計を選ぶことが大切です。

こうして、目的や好み、予算に応じてG-SHOCKを選ぶことで、長く愛用できる時計を手に入れることができます。

サウナで利用できるおすすめモデルとその特徴

サウナで利用できるおすすめモデルとその特徴

サウナでG-SHOCKを活用したい方向けに、特におすすめのモデルを選び抜きました。

頻繁に訪れるサウナ施設やアウトドア活動での使用を想定し、あなたにピッタリの時計を見つけてみてください。

サウナで利用できるおすすめモデル
  • GSW-H1000-1AJR
  • GW-M5610U-1CJF
  • GWX-5600C-7JF
  • GBD-200-2JF
  • GW-B5600SL-5JF

それぞれの特徴も併せて紹介していきます。

GSW-H1000-1AJR

20気圧防水・耐衝撃構造・樹脂バンド・心拍計・タイマー・ストップウォッチ・バイブレーション機能・操作音ON/OFF切替機能

G-SQUAD PROはWear OS by Google™を搭載したG-SHOCKの新ラインで、心拍計測やGPSを含む多機能センサーでスポーツのパフォーマンス追跡が可能です。

カスタマイズ可能な表示と専用アプリ連携で、トレーニング管理が容易に。

タフネスとスマート機能を統合した革新的スポーツギアです。

GW-M5610U-1CJF

20気圧防水・耐衝撃構造・樹脂バンド・タイマー・ストップウォッチ・操作音ON/OFF切替機能・LEDバックライト

1983年発売のDW-5000Cを原型に、クラシカルなデザインを保ちつつマルチバンド6を搭載した5600シリーズ。

ファーストモデルのDNAを継承し、G-SHOCKのタフネスコンセプト下で進化を遂げたモデルです。

GWX-5600C-7JF

20気圧防水・耐衝撃構造・樹脂バンド・タイマー・ストップウォッチ・操作音ON/OFF切替機能・ELバックライト

G-LIDEサマーモデルは、トップサーファーから支持されるG-SHOCKのスポーツラインで、装着性に優れたGWX-5600を基に、タイドグラフやソーラー電波モジュールを搭載しています。

光沢塗装とストライプ文字板でクールなデザイン。エクストリームスポーツからファッションまで対応。

GBD-200-2JF

20気圧防水・耐衝撃構造・ソフトウレタンバンド・タイマー・ストップウォッチ・バイブレーション機能・操作音ON/OFF切替機能

G-SQUADのG-SHOCKは、スポーツへの情熱を刺激する時計です。最も過酷なワークアウトに合わせた色のスクエアフェイスデザインが特徴です。

このシリーズで最も薄いモデルは、ケースの色が見えるサイドスリットでスリムさを強調。

Bluetooth®でスマートフォンのGPSに接続し、精度の高い運動データを手元でチェックできます。

GW-B5600SL-5JF

20気圧防水・耐衝撃構造・樹脂バンド・タイマー・ストップウォッチ・操作音ON/OFF切替機能・LEDバックライト

G-SHOCKの新作、SANDLANDシリーズは荒野をイメージした色合いが特徴。

GW-B5600の機能に、2色混ぜのベゼルとバンドで地球の砂の色を表現。

スポーツやアウトドア、ストリートファッションにも合うカジュアルモデルです。

G-SHOCK 最上級モデルの耐熱・防水性能

G-SHOCKの最上級モデルは、特に耐熱性と防水性において優れた性能を誇ります。

例えば、極端な環境下でも使用できるように設計されたモデルでは、サウナや雪山といった厳しい条件下でも機能が保たれます。

これらのモデルは、高温や凍結といった状況下でも精度を保つために、特別な素材や技術が使われています。防水性能に関しても、ダイビング用ウォッチとして使えるほどの高い水圧に耐えられるモデルがあります。

こうした最上級モデルは、プロのスポーツマンや冒険家だけでなく、日常生活で信頼性の高い時計を求める人にも適しています。

ただし、最上級モデルはその分価格が高めに設定されていることが多いため、購入を検討する際には予算を考慮する必要があります。

しかし、その価格に見合った高い性能と耐久性を得られるため、長期間にわたって信頼して使用することができます。

このように、G-SHOCKの最上級モデルは、厳しい条件下での使用を想定している方にとって、最適な選択肢と言えるでしょう。

耐久性と価格帯

G-SHOCKの耐久性は、そのブランドを象徴する特徴の一つです。

この耐久性は、高い衝撃にも耐えることができる設計によるもので、日常生活からアウトドア活動まで、幅広いシーンで信頼性を提供します。

価格帯に関しては、基本的なモデルであれば数万円から手に入れることが可能です。

しかし、高度な防水機能や耐熱性、スマートウォッチ機能などの特別な機能を持つ最上級モデルになると、価格は高くなります。

例えば、ダイバーウォッチ仕様のモデルや、GPS機能を搭載したモデルは、一般的なモデルよりも高価になる傾向があります。

こうして、G-SHOCKは様々なニーズに応じたモデルを提供しており、耐久性と価格のバランスを考慮しながら選ぶことができます。

ただし、使用目的に合ったモデルを選ぶことで、コストパフォーマンスの高い購入が実現します。

スマートウォッチと従来モデルの比較

スマートウォッチと従来モデルの比較
画像引用元:CASIO

G-SHOCKのラインナップには、スマートウォッチ機能を備えた最新モデルと、従来型のモデルがあります。

スマートウォッチモデルは、スマートフォンとの連携機能や、歩数計測、心拍数測定などの健康管理機能を持っています。

これらの機能により、日常の健康管理や運動のパフォーマンス向上に役立てることができます。

一方で、従来型のモデルは、時間を正確に知ることに特化しており、シンプルながらも高い耐久性と基本的な防水機能を持っています。

スマートウォッチモデルは、多機能である分、価格が高めに設定されていることが多いです。しかし、その多機能性は、日常生活をより豊かにするための様々なサポートを提供してくれます。

それに対し、従来型のモデルは、価格が手ごろでありながらも、G-SHOCKの基本となる耐衝撃性をしっかりと備えているため、シンプルながらも頼りになる存在です。

このように、G-SHOCKのスマートウォッチモデルと従来型モデルは、それぞれ異なる特長を持っており、使用者のニーズに応じて選ぶことが重要です。

サウナ使用時の注意点

G-SHOCKをサウナで使用する際には、いくつかの注意点があります。

まず、G-SHOCKの耐熱性には限界があります。サウナのような高温環境下では、時計の内部構造やバッテリーに負荷がかかる可能性があるためです。

それから、防水性能が高いモデルであっても、サウナの後に水風呂に入る際の急激な温度変化は、時計にとって厳しい試練になりえます。

これは、温度変化が内部の気圧を変え、水が侵入しやすくなることが原因です。

また、サウナ室内での長時間の使用は避けた方が良いでしょう。なぜなら、時計が過熱し、内部の潤滑油の劣化を早めることがあるからです。

さらに、サウナを使用した後は、時計をしっかりと乾燥させることが大切です。これは、湿気が時計内部に残ることで、腐食やカビの原因となりうるためです。

最後に、サウナ使用後には、時計の機能や状態を定期的にチェックし、異常が見られた場合は、速やかにメンテナンスを行うことが推奨されます。

このように、G-SHOCKは耐久性に優れた時計ですが、サウナ使用時には特別な注意が必要です。

サウナでG-SHOCK!選び方と注意点まとめ!:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • サウナ専用のG-SHOCKは市場にない
  • 使用は自己責任が必要
  • 防水機能はサウナ利用に必須
  • 多くのモデルで20気圧防水を搭載
  • サウナ後は時計を清水で洗うべき
  • パッキンやシール部分は定期的にメンテナンスを
  • サウナ室内は85℃~100℃の温度に達する
  • バンドは金属製を避け、樹脂やウレタン、プラスチック製を推奨
  • 正確な時間管理がサウナでの大きな利点
  • 心拍数測定機能はサウナ利用時の体調管理に役立つ
  • サウナ使用後は時計を適切に冷ます
  • 最上級モデルは特に耐熱性と防水性に優れる
  • 耐久性は衝撃吸収材料の採用で実現
  • スマートウォッチ機能はサウナでも通知を見逃さない
  • サウナ後の急激な温度変化は時計にとって厳しい試練

G-SHOCKについてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次