\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

腕時計の掃除方法とお手入れグッズ徹底ガイド!寿命を延ばすコツ

当ページのリンクには広告が含まれています。

腕時計の掃除は、時計を長持ちさせ、美しい状態を保つために欠かせません。

この記事では、日々のメンテナンスから素材別、パーツ別のお手入れ方法まで詳しく解説します。

腕時計の掃除は、正しい方法を知っていれば、自宅でも簡単に行えます。

しかし、適切な方法を知らずに掃除をすると、時計を傷めてしまうことに!

そこで、今回の記事では、初めての方でもわかりやすく、プロのように腕時計をきれいに保つ方法を紹介していきます。

この記事のポイント!
  • 腕時計の掃除の重要性と日々のメンテナンス方法
  • 素材別の具体的な掃除・お手入れ方法
  • パーツ別の適切な掃除方法と注意点
  • プロのオーバーホールや定期的なクリーニングの重要性
タップできる目次

腕時計の掃除方法と掃除道具を解説

日々のメンテの必要性

腕時計の掃除は、時計の寿命を延ばし、常に美しい状態を保つために欠かせません。

毎日のメンテナンスが重要な理由は、日常生活で汗や皮脂、ホコリが時計に付着しやすく、それが蓄積すると劣化や故障の原因となるからです。

以下の点を詳しく紹介していきますので、しっかり理解しておきましょう。

意識しておくべき点
  • 着用後の掃除の習慣化
  • 保管場所を注意すること
  • 各パーツ操作後の締め直し

日々の簡単なケアが腕時計の美しさと機能を維持するために不可欠です。

定期的なプロのメンテナンスと併せて、毎日のケアを怠らないことで、大切な腕時計を長く愛用することができます。

腕時計を掃除する際の注意点

腕時計の掃除で避けるべき方法

腕時計の掃除では、絶対に避けるべき方法があります。

  • 研磨剤入りの歯磨き粉を使って時計を磨く
  • 防水性能が確認できていない時計を水に浸す
  • 磁気の強い場所での掃除
  • エタノールやアルコールの使用

上の方法を提案しているサイトもありますが、素材を痛める可能性があるので注意してください。

掃除の際に注意すべきポイント

腕時計の洗浄時には、いくつかのポイントに注意しましょう。

  • 時計の防水性能を確認する
  • クリーナーは専用のものを使用する
  • 専用の柔らかいブラシや布を使用する
  • 細かい部分は綿棒や柔らかいブラシを使用する
  • 掃除後はしっかり乾燥させる
  • 湿気の少ない場所に保管する

非防水の時計を水に浸すと内部に水が入って故障の原因になったり、専用の道具・クリーナーを使わないと腕時計を傷めることに繋がります。

管理人

最近では価格もお手頃なものが増えていますので、全部揃えても1万円もかからないです

専用の道具やクリーナーについても、素材ごとに紹介していきますので参考にしてください。

素材別腕時計の掃除・お手入れ方法

ステンレスの腕時計の掃除・お手入れ方法

ステンレススチールの腕時計は、耐久性があり手入れが比較的簡単です。

まず、日々の汚れを取り除くために、柔らかい布で全体を拭き取ります。特に、皮脂や汗が付着しやすい部分は念入りに拭きましょう。

普通のタオルだと表面に傷がつきやすいので、メガネ拭きなどマイクロファイバー素材セーム革がオススメです。

HELI(ヘリ)
¥1,320 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
HARP(ハープ)
¥637 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)

次に、細かい汚れが気になる場合は、貴金属用洗浄水を吹きかけ、柔らかいブラシで優しく洗います。

ブラシは毛先が柔らかいものを使用し、ステンレススチールを傷つけないように注意しましょう。

塗布後20~30秒後に、柔らかい布で洗浄水を拭き取ります。最後に、完全に乾燥させるために風通しの良い場所で自然乾燥させましょう。

WAY ta GO(ウェイタゴ)
¥1,200 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
管理人

これにより、ステンレススチールの腕時計を清潔に保ち、長持ちさせることができます。

革ベルトの腕時計の掃除・お手入れ方法

革ベルトの腕時計はデリケートな素材のため、特別なケアが必要です。

まず、時計を外した後に乾いた柔らかい布で全体を優しく拭き取り、汗や汚れを取り除きます。特に夏場は汗をかきやすいため、毎日のケアが重要です。

次に、汚れが気になる場合は、革専用のクリーナーを使用します。

少量のクリーナーを布に取り、優しく拭き取るようにしましょう。クリーナーを直接革に塗布するのは避けてください。

さらに、消臭や防菌効果を高めるために、革専用のスプレーを使用することもおすすめです。

スプレーを適量かけた後、風通しの良い場所で自然乾燥させます。直射日光や高温を避けて保管することが大切です。

columbus(コロンブス)
¥770 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
ホテル旅館洗剤専門店スリーエス3S
¥1,600 (2024/07/22 17:30時点 | Amazon調べ)
管理人

革ベルト以外にも、革靴や革鞄にも利用できるので持ってて損のないアイテム

ゴムベルトの掃除・お手入れ方法

ゴムベルトの腕時計は、水や汚れに強いですが、こちらも適切な掃除が必要です。

まず、時計からベルトを外し、ぬるま湯でゴムベルトを洗います。中性洗剤を少量加えた水を使うと、より効果的に汚れを落とせます。

次に、柔らかいブラシを使用して、ゴムベルトの表面と隙間の汚れを優しく擦り取ります。ブラシの毛先が硬すぎるとゴムを傷める可能性があるため、柔らかいものを選びましょう。

洗浄後は、真水でしっかりと洗剤をすすぎ落とし、乾いた柔らかい布で水分を拭き取ります。

完全に乾かすために風通しの良い場所で自然乾燥させましょう。高温や直射日光はゴムを劣化させる原因となるため、避けるように。

管理人

これにより、ゴムベルトの腕時計を清潔に保ち、長持ちさせることができます。

メタルベルト(チタンなど)の掃除・お手入れ方法

メタルベルトの腕時計は、頑丈で汚れに強いですが、こちらも適切な手入れが必要です。

まず、貴金属用洗浄水を吹きかけ、20~30秒程度時間を置いてから柔らかいブラシでメタルベルトの隙間や表面を優しく擦り、汚れを落とします。

強く擦りすぎると表面に傷がつく可能性があるため、注意が必要です。

細かい部分に汚れが貯まっている場合は、綿棒やつま楊枝をつかうのもおすすめです。

こびりついた汚れが浮いてきた、柔らかい布で水分を拭き取り、風通しの良い場所で自然乾燥させます。

なお、防水性能がない時計は、ベルトを外してから貴金属用洗浄水を吹きかけ方がベターです。

汚れがこびりつくと除去するのに力を入れることになるため、定期的な手入れが重要です。

管理人

私の場合は長くても1週間に一回は貴金属用洗浄水で掃除しています。

プラスチック素材の腕時計の手入れ

プラスチック素材の腕時計は、軽量でカラフルなデザインが特徴ですが、手入れには注意が必要です。

まず、柔らかい布で全体を拭き、表面の汚れを取り除きます。

次に、ぬるま湯に中性洗剤を少量加えた溶液を用意し、柔らかい布やブラシで優しく洗浄します。

管理人

プラスチックは傷つきやすいので、強く擦らないように注意しましょう。

洗浄後は、真水でしっかりとすすぎ、洗剤を完全に落とします。

その後、乾いた布で水分を拭き取り、風通しの良い場所で自然乾燥させます。

高温や直射日光はプラスチックの色あせや変形を引き起こすため、避けるようにしましょう。

このように、プラスチック素材の腕時計を正しく手入れすることで、美しさと機能を長く保つことができます。

パーツ別腕時計の掃除・お手入れ方法

ベゼルとケースの掃除・お手入れ方法

ベゼルとケースの掃除は、腕時計の外観を美しく保つために重要です。

まず、柔らかい布を使って表面の汚れを優しく拭き取ります。特にベゼルの溝やケースの隙間には、汚れが溜まりやすいので注意が必要です。

次に、綿棒や柔らかいブラシを使って、細かい部分の汚れを取り除きます。

これらの道具を使うことで、傷をつけずに効率よく掃除ができます。

さらに、金属製のベゼルやケースの場合、貴金属用洗浄水を吹きつけ、優しく拭き取ると汚れが取れやすいです。

最後は、乾いた布で水分を拭き取って完了。

最後に、風通しの良い場所で自然乾燥させることで、ベゼルとケースを美しく保ち、腕時計全体の見た目が向上します。

風防(ガラス)の掃除・お手入れ方法

風防(ガラス)の掃除は、時計の視認性を保つために重要です。

まず、柔らかいマイクロファイバークロスを使用して、表面の汚れや指紋を優しく拭き取ります。

と強くこすると風防に傷がつくおそれがあるので、円を描くように優しく拭くと良いです。

さらに、メガネクリーナーを使用することで、より効果的に汚れを落とすことができます。

噴霧型のクリーナーは内部に水分が侵入する可能性があるので、シート型のメガネクリーナーがおすすめ。

小林製薬
¥584 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)

最後に、乾いた布で再度拭き取り、風防の透明度を高めます。

管理人

こうすることで、時計の見た目が美しくなり、視認性も向上しバッチリです

リューズとボタンの掃除・お手入れ方法

リューズとボタンのクリーニングは、時計の操作性を保つためにも欠かせません。

まず、柔らかい布で全体を優しく拭き取ります。これにより、表面の汚れや埃を取り除けます。

次に、綿棒を使ってリューズやボタンの隙間の汚れを掃除します。綿棒は細かい部分に入りやすく、効果的に汚れを取り除くことができます。

さらに、リューズを引き出して、根元部分もしっかりと掃除しましょう。

リューズ周りにホコリや汚れが溜まると、操作がスムーズにいかなくなることがあります。

管理人

こうした手入れを定期的に行うことで、時計の操作性と耐久性を保つことができます。

バンド(ベルト)の掃除・お手入れ方法

バンドは様々な材質のものがあるので、それぞれの材質に合った掃除方法と動画が必要になります。

材質別の掃除方法と動画については、上ので紹介しているので確認してみてください。

ムーブメントを傷つけない掃除・お手入れ方法

ムーブメントを傷つけない掃除方法は、時計の内部機構を守るために重要です。

まず、外装の掃除を行う際に時計を開けないことが基本です。外装の掃除は、柔らかい布や綿棒を使用し、優しく拭き取りましょう。

次に、防水時計でない場合は、水を使用しないようにすることが基本。リューズやボタンの隙間に汚れが溜まることがあるため、綿棒や柔らかいブラシで慎重に取り除きます。

ムーブメントの内部は非常にデリケートですので、自分で掃除を試みるのは避け、専門の時計修理店に依頼するのが安全です。

管理人

特に、オーバーホールが必要な場合は、プロの技術者に任せることが推奨されます。

定期的なメンテナンスをプロに依頼することで、ムーブメントの寿命を延ばし、正確な時間を刻むことができます。

これにより、時計を長期間使用することが可能に。

1年おきにプロのクリーニングを

腕時計の掃除は日常的なメンテナンスが重要ですが、1年おきにプロのクリーニングを受けることで、さらに時計の寿命を延ばすことができます。

プロのクリーニングでは、家庭でできない細部の汚れや内部の埃を徹底的に取り除きます。

プロのクリーニングでは専用の超音波洗浄機を使用し、金属ベルトやケースの細かい部分に溜まった汚れを効果的に除去してもらえます。これは、日常の手入れでは落としきれない汚れもきれいにすることができます。また、プロの技術者が時計の状態をチェックし、早期の異常を発見することができます。

定期的にプロのクリーニングを受けることで、時計の外観が美しく保たれるだけでなく、内部機構のパフォーマンスの維持につながります。

特に、金属部品の摩耗やパッキンの劣化など、目に見えない部分の問題も早期に対応できるため、重大な故障を未然に防ぐことができます。

3〜5年おきにプロのメンテナンスを

腕時計の掃除は日常的なケアが基本ですが、3〜5年おきにはプロのメンテナンスを受けることが推奨されます。

このメンテナンスをオーバーホールと呼び、時計の内部機構を徹底的にチェックし、清掃・修理を行います。

オーバーホールでは、まず時計を完全に分解し、すべての部品を洗浄。これにより、内部に溜まった汚れや古い潤滑油が除去され、部品が清潔な状態に戻ります。

その後、技術者が部品の状態を確認し、摩耗や損傷が見られる場合は新しい部品に交換します。これにより、時計の精度と信頼性が大幅にUP。

さらに、オーバーホールでは新しい潤滑油を適切な箇所に塗布し、時計の動きをスムーズにします。最後に、組み立て直した時計を慎重に調整し、元の精度を取り戻します。防水性能のテストも行い、時計が再び日常使用に耐えられるようにします。

このようなプロのメンテナンスを3〜5年おきに受けることで、腕時計は長期間にわたり高いパフォーマンスを維持することができるようになるのです。

特に、高級時計や記念品として大切にしている時計は、定期的なオーバーホールを欠かさず行うことで、その価値を保ち続けることができます。

腕時計の掃除・お手入れグッズ

腕時計の掃除:万能グッズセット

これから紹介する万能グッズセットがあれば、腕時計の掃除が簡単に完璧にできます。初心者からプロまで使える、おすすめのアイテムを紹介していきます。

詳しい使い方などは上で解説しているので、詳しく知りたい方は戻ってよんでみてください。

腕時計の掃除:拭くためのグッズ

腕時計の輝きを取り戻すために、拭くためのグッズは欠かせません。高品質なクロスで、時計の美しさを保つためにも必需品です。

詳しい使い方などは上で解説しているので、詳しく知りたい方は戻ってよんでみてください。

HELI(ヘリ)
¥1,320 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
HARP(ハープ)
¥637 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
小林製薬
¥584 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)

腕時計の掃除:汚れを落とすグッズ

今回の記事でも紹介している頑固な汚れも簡単に落とせる洗浄剤と消臭剤です。時計が新品のように蘇る使いやすさと効果を兼ね備えたアイテムです。

詳しい使い方などは上で解説しているので、詳しく知りたい方は戻ってよんでみてください。

WAY ta GO(ウェイタゴ)
¥1,200 (2024/07/21 19:35時点 | Amazon調べ)
ジオメディカル
¥1,950 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)
ホテル旅館洗剤専門店スリーエス3S
¥1,600 (2024/07/22 17:30時点 | Amazon調べ)

腕時計の掃除:小さな傷を目立たなくさせるグッズ

腕時計の小さな傷を目立たなくするには、このグッズが最適です。簡単なケアで、美しい仕上がりを実現します。

使用できる材質が制限されている商品が多いですが、正しい使い方をすれば効果は抜群なものばかりです。

サンエーパール
¥999 (2024/07/16 09:28時点 | Amazon調べ)
Zoshnih
¥475 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)
スント(SUUNTO)
¥990 (2024/07/13 23:46時点 | Amazon調べ)

腕時計の掃除:交換部品

定期的なメンテナンスに必要な交換部品を紹介していきます。

ここでは一般的な商品を紹介していますが、それぞれご自身の腕時計のサイズに合うものを準備してください。

サイズが異なると利用できませんので注意が必要です。

ノーブランド品
¥748 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)
NO NO NO
¥400 (2024/06/19 09:54時点 | Amazon調べ)
ClearView(クリアビュー)
¥780 (2024/07/08 10:09時点 | Amazon調べ)

腕時計の掃除方法とお手入れグッズ徹底ガイド!:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • 腕時計の掃除は寿命を延ばし美しさを保つために必要である
  • 日常的な汗や皮脂、ホコリが蓄積すると時計の劣化や故障の原因となる
  • 着用後の掃除を習慣化することが重要である
  • 保管場所にも注意が必要である
  • 各パーツ操作後は締め直しを行うべきである
  • 定期的なプロのメンテナンスも必要である
  • 研磨剤入りの歯磨き粉は使用を避けるべきである
  • 防水性能のない時計を水に浸すべきではない
  • 時計の掃除にエタノールやアルコールは使用しない方がよい
  • 掃除には専用の柔らかいブラシや布を使うべきである
  • 細かい部分は綿棒で掃除すると良い
  • 革ベルトは革専用クリーナーで優しく拭き取る
  • ゴムベルトはぬるま湯と中性洗剤で洗うと効果的である
  • メタルベルトは貴金属用洗浄水を吹きかけて掃除する
  • プラスチック素材は傷つきやすいため、強く擦らないよう注意する

腕時計のメンテナンスについてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次