\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

G-SHOCKフルメタルはダサい?購入前に知っておくべきポイント

当ページのリンクには広告が含まれています。

G-SHOCKのフルメタルモデルがダサいと感じる理由について興味がありますか?

この記事では、「ダサいと検索される理由」や「実際の評判・口コミ」について詳しく解説します。

また、G-SHOCKのフルメタルがダサいと感じる要因を分析しつつ、愛用する芸能人やビジネスに使えるかどうかも検証します。

さらに、おすすめする人・おすすめしない人についても触れています。

ぜひ最後までお読みいただき、G-SHOCKのフルメタルモデルについての理解を深めてください。

この記事のポイント!
  • G-SHOCK フルメタルが「ダサい」と検索される理由
  • G-SHOCK フルメタルの実際の評判・口コミ
  • G-SHOCK フルメタルを愛用する芸能人とその影響
  • G-SHOCK フルメタルのビジネスシーンでの活用可能性
タップできる目次

G-SHOCK『フルメタル』がダサいと検索される理由

G-SHOCKのフルメタルってどんな時計?

G-SHOCKのフルメタルは、通常のG-SHOCKとは異なり、外装全体が金属で作られた腕時計です。

G-SHOCKといえば、耐衝撃性や防水性で有名ですが、従来は主に樹脂素材が使われていました。

しかし、フルメタルモデルでは、ステンレスやチタンなどの金属素材が使われており、より高級感のあるデザインが特徴です。

フルメタルモデルの特徴は4つ。

フルメタルモデルの特徴
  • デザイン
  • 耐久性
  • 機能性
  • バリエーション

順に紹介していきます。

特徴その①:デザイン

まず、フルメタルモデルの大きな特徴はそのデザインです。

金属の光沢が美しく、カジュアルなシーンだけでなく、ビジネスやフォーマルな場面でも使いやすい外観になっています。

特に人気のGMW-B5000シリーズは、初代G-SHOCKのデザインを継承しつつ、現代的なアレンジが施されています。

特徴その②:耐久性

次に、耐久性についてです。

金属製のケースやベゼルは、樹脂製よりもさらに頑丈で、外部からの衝撃に対して強い保護性能を持っています。

例えば、GMW-B5000D-1JFでは、メタルベゼルと本体ケースの間にファインレジンを挟むことで、衝撃を吸収する構造になっています。

このため、過酷な環境でも安心して使用することができます。

特徴その③:機能面

さらに、機能面でも優れています。

フルメタルモデルの多くは、ソーラー充電機能やBluetooth接続機能を搭載。

スマートフォンと連携することで時刻を自動で調整したり、アラーム設定を行ったりすることができます。

これにより、常に正確な時間を知ることができるのはもちろん、利便性も高いです。

特徴その④:バリエーション

最後に、デザインのバリエーションも豊富です。

シルバーやブラック、ゴールドなど、様々なカラーバリエーションが用意されており、自分のスタイルや好みに合わせて選ぶことが可能。

また、限定モデルやコラボレーションモデルも定期的に発売されるため、コレクションとして楽しむこともできます。

知ってる?「ダサい」と検索されている事実

G-SHOCKのフルメタルモデルがGoogleなどの検索サイトで「ダサい」と検索されているのはご存知でしょうか?

「G-SHOCK フルメタル」と検索すると、以下の画像のように「ダサい」という言葉が関連キーワードとして表示されます。

これは、多くの方が「G-SHOCK フルメタル ダサい」と検索していることを意味します。

管理人

皆さんのように”G-SHOCKのフルメタルは欲しいけどダサいのでは?“と不安な方が多いんですね。

まずは、ダサいと検索される理由を確認していきましょう。

フルメタルモデルがダサいと検索される理由

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と検索される理由は、いくつかの要因があります。

ダサいと検索される理由
  • キラキラしすぎじゃない?
  • 高級感がないのでは?
  • 若者向けの印象がつよい?
  • スーツには合わないのでは?
  • 存在感強すぎない?

購入したいけど上のような心配があるとなかなか踏み切れないですよね。

それぞれの心配事をもう少し深掘りし、それに対する私の意見もまとめていきます。

管理人

購入の参考にしていただければ幸いです。

理由①:キラキラしすぎじゃない?

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と不安になる理由の一つに、キラキラの度合いがどれくらいかがあります。

フルメタルモデルは、その名の通り、金属素材が全面に使われており、特にゴールドやシルバーのモデルは強い光沢を持っています。

この光沢が一部の人にとっては派手すぎると感じられ、様々なシーンでは目立ちすぎるのではと不安になっている方が多いようです。

キラキラ感を好まない方はマット感を追求した『GMW-B5000MB』がおすすめです。

理由②:高級感がないのではと感じる

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と検索される理由の一つは、高級感がないと感じられることです。

フルメタルモデルであっても、他の高級ブランドの時計と並べると、素材や細部の仕上げがシンプルすぎると感じることがあります。

具体的な例として、ステンレス製のG-SHOCKフルメタルモデルを挙げることができます。

ステンレスは確かに丈夫で耐久性に優れた素材ですが、高級腕時計の素材としては一般的すぎると感じられることがあります。

管理人

これが、特別感やラグジュアリー感を求める人には物足りない。

ただし、G-SHOCKは実用性重視であるため、そもそも本当の高級感を求める人をターゲットにはしていません。

高級感やラグジュアリーな時計を求める方は、最初からロレックスやオメガ、国内ならグランドセイコーなどの腕時計を選ぶ方が良いでしょう。

理由③:若者向けの印象がつよい

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と検索される理由の一つに、若者向けの印象が強いことがあります。

まず、G-SHOCKはその耐衝撃性や防水性、そしてカジュアルなデザインから、若者に人気が高いブランドです。

特に学生や若い社会人の間で愛用されることが多く、そのために「若者向けの時計」というイメージが強く定着しています。

このイメージが、年齢を重ねた大人が着けるには「若すぎる」と感じさせる要因となることがあります。

G-SHOCKの他のカラフルなモデルは確かに40代以上の方が身につけるのは抵抗感があります。

しかし、フルメタルモデルはフルメタルモデルは40代以上のビジネスマンもターゲットにしているため若者向けという認識は間違いです。

管理人

成熟した男性にもお勧めできるモデルといえます。

理由④ スーツに合わないのでは?

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と検索される理由の一つに、スーツに合わないと感じられることがあります。

G-SHOCKはスポーツウォッチとして設計されており、機能性や耐久性を重視しています。

そのため、時計自体が大きく、厚みがあります。このボリューム感がスーツの袖口に引っかかりやすく、見た目にも違和感を与えることがあります。

スーツに合わせる時計としては、より薄型でシンプルなデザインのものが好まれます。

また、フルメタルモデルでもゴールドやシルバーの強い光沢がスーツのシンプルな美しさを損なうのではと感じる方もいいようです。

そんな方は、「GM-B2100」シリーズがおすすめです。

このモデルは厚みを12.8mmまで抑え、G-SHOCKのフルメタルモデルの中では最薄を実現しています。

さらに、メタルモデルらしい高い質感を追求し、ベゼル表面はヘアライン仕上げにし、ベルトもツヤを抑えたヘアライン仕上げになっておりスーツに合わせても違和感はありません。

理由⑤:存在感が強すぎる

G-SHOCKのフルメタルモデルが「ダサい」と検索される理由の一つに、存在感が強すぎることがあります。

まず、G-SHOCKのフルメタルモデルはそのデザインが非常に目立ちます。

金属の光沢や独特のフォルムが、腕元に強い印象を与えます。

このため、シンプルで控えめなデザインを好む人には、派手すぎると感じられることがあります。特に、目立ちすぎる時計は、フォーマルな場やビジネスシーンでは適さないと感じる人が多いです。

さらに、G-SHOCKはその機能性から多くのボタンや表示がついており、デザインが複雑です。

これが時計全体の存在感をさらに強調し、シンプルなデザインを好む人には敬遠されることがあります。

特に、ビジネスシーンではシンプルで洗練されたデザインが求められるため、G-SHOCKの複雑なデザインが避けられがちですが、上でも紹介した「GM-B2100」であればフォーマルな場やビジネスシーンでも使用できる丁度よい存在感を演出できます。

G-SHOCK フルメタル 実際の評判・口コミ

G-SHOCKのフルメタルモデルは、そのデザインと機能性から多くのユーザーに支持されています。実際の評判や口コミを見てみると、その評価は非常に高いです。

オンラインストア上の評判・口コミ

良い評判・口コミ

高級感!
みてる人みんなかっこいい!と言ってくれます。値段を教えるとみんなびっくりします。大満足
引用元:Amazonレビュー【GM-2100-1AJF】

見た目、腕に装着した感じ
カッコいい。
機能としては、デジタル画面が小さいため見辛い。長針、短針が重なるとき見えないが、針を移動させる機能はある。
バンドは好き嫌いがあるようですが、耐久があればよしかな。
引用元:Amazonレビュー【GM-2100-1AJF】

デザインが好みでした
ゴールドとシルバーと迷いましたがシルバーを購入
実物はシックで落ち着いた格好良さがありこれにして良かったと思いました
満足です
引用元:Amazonレビュー【GM-2100-1AJF】

かっこいいです
かっこよくて、重い時計はすぐ外してしまうのですが、見た目ほど重くもなくお気に入りです。
水つけたりしてないので耐水性は分かりませんが大事に使います
引用元:Amazonレビュー【 GM-S5600GB-1JF】

ゴールドとブラックの組み合わせを探していたら、この時計と巡り合いました。
とても気に入り友人にもプレゼントしました。
ネットの力に感謝です😊
引用元:Amazonレビュー【 GM-S5600GB-1JF】

悪い評判・口コミ

想像と違った
写真では気になりませんが、小ぶりな表示面積での反転液晶は明るい場所でないと視認性が良くありません。
文字の部分に外光が反射して読みとることになりますが、文字部分だけだと外光の入射量が少ないので暗いです。いちいち照明ボタンを押すのは面倒ですし照明も暗い。バッテリー切れかと思い電池を変えましたが無駄でした。
引用元:Amazonレビュー【GM-S5600GB-1JF】

視認性が悪すぎる
商品写真のように時刻の視認性がよいかと思っていましたが、暗すぎて時刻が読み取れなかった。
時計として使いたいという方は他の時計をお勧めします。
引用元:Amazonレビュー【GM-B2100PC-1AJF】

G-SHOCKは好きだけどワイシャツの袖口に引っ掛かるから……って人は多いかもしれません
私も何度かG-SHOCKを買っては袖口がゴワゴワになったり引っ掛かったりで頭を悩ませてきました。
今回はかなり薄いと評判なので買ってみたのですがやはり、引っ掛かてしまいました。
トイレに行って手を洗ったり手を伸ばしたりすると袖口の中で引っ掛かって袖がピーンと張って違和感を感じます。
やっぱり、G-SHOCKにワイシャツは無謀なのかなー
時計自体はカッコ良くて好きですが、仕事でワイシャツを着る人は止めておいた方が良いです。
引用元:Amazonレビュー【GA-2100FF-8AJF】

防水ですが温泉には入れないほうがいいです。
雪の日冷たくなるとガラスが曇ります。
引用元:Amazonレビュー【GST-W310-1AJF】

管理人

視認性が悪いといった意見が多くあるので実際に手に取って確認するほうが良いでしょう。

Twitterでの評判・口コミ

G-SHOCK フルメタル 女子ウケ

G-SHOCKのフルメタルモデルは、そのデザインと機能性から多くの男性に支持されていますが、女子ウケについても注目されています。

実際のところ、G-SHOCKのフルメタルモデルは女子ウケする要素がいくつかあります。

デザイン面での女子受けは間違いなし

まず、デザイン面での女子ウケです。

G-SHOCKのフルメタルモデルは、スタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴です。

特にシルバーやゴールドのメタル素材は、エレガントで洗練された印象を与えます。これにより、カジュアルなシーンだけでなく、フォーマルな場面でも好印象を与えることができます。

多くの女性は、シンプルでありながら存在感のあるデザインを好むため、G-SHOCKのフルメタルモデルはその点で評価されています。

実用性からも女子受けは間違いなし

次に、実用性に関するポイントです。

G-SHOCKのフルメタルモデルは耐衝撃性や防水性に優れており、日常生活やアウトドア活動での使用にも適しています。

また、ソーラー充電機能やBluetooth接続機能が搭載されているモデルも多く、これにより常に正確な時間を維持できるとともに、スマートフォンとの連携が可能です。

このような実用的な機能が多くの女性にとっても魅力的とされています。

女子受けを証明する口コミ

具体的な例として、女性からの口コミでは、「彼氏とお揃いで着けるために購入した」という意見が多く見られます。

G-SHOCKはペアウォッチとしても人気があり、フルメタルモデルは特にその高級感とデザイン性からペアウォッチに選ばれることが多いです。

これにより、女性からも好意的な評価を受けています。

管理人

しかし、一部の女性からは、G-SHOCKのフルメタルモデルが大きすぎると感じる意見もあります。

特に手首が細い女性にとっては、フルメタルモデルの重さや大きさがネックになることがあります。このため、購入前に試着してサイズ感を確かめることが重要です。

これらの理由から、G-SHOCKのフルメタルモデルは、そのデザインと実用性から女子ウケする要素が多い一方で、大きさや重さに関するデメリットもあることがわかります。

G-SHOCKフルメタル「ダサい」は間違い。購入者の満足度は高め

多くの芸能人が愛用するフルメタル

G-SHOCKのフルメタルモデルは、多くの芸能人に愛用されています。彼らの愛用により、G-SHOCKのフルメタルモデルはさらに注目を集めています。

木村拓哉:GMW-B5000D-1JF

まず、有名な例として、木村拓哉さんが挙げられます。

木村拓哉さんはドラマ「教場」でG-SHOCKのフルメタルモデルを着用していました。

彼のスタイリッシュなイメージと相まって、フルメタルモデルの高級感と実用性が強調されました。

また、木村さんはプライベートでもG-SHOCKのフルメタルモデルを愛用しており、その影響力は絶大です。

有吉弘行:GMW-B5000GD-9JF

次に、お笑いタレントの有吉弘行さんもG-SHOCKのフルメタルモデルを愛用しています。

有吉さんは「有吉の夏休み」などの番組でG-SHOCKを着用しており、彼のカジュアルなスタイルにもマッチしています。

特にゴールドモデルを愛用しており、その派手なデザインが視聴者の注目を集めています。

BTSのRM:GMW-B5000D-1JF

さらに、BTSのRMもG-SHOCKのフルメタルモデルを愛用しています。

RMは韓国だけでなく世界中で人気のアーティストであり、彼が着用することでG-SHOCKのフルメタルモデルは国際的にも注目されています。

RMはシルバーモデルを愛用しており、そのシンプルで洗練されたデザインが評価されています。

これらの理由から、G-SHOCKのフルメタルモデルは多くの芸能人に愛用され、その影響力でさらに人気が高まっています。

購入をおすすめしない人

G-SHOCKのフルメタルモデルは多くの魅力がありますが、購入をおすすめしない人もいます。以下に、その理由を詳しく説明します。

時計の重さが気になる人

まず、時計の重さが気になる人には向いていないかもしれません。

G-SHOCKのフルメタルモデルは金属製であるため、一般的な樹脂製モデルよりも重く感じられます。

長時間の装着や日常的に使用する場合、重さが腕に負担をかけることがあります。このため、軽量な時計を好む人には不向きです。

シンプルなデザインを好む人

次に、シンプルなデザインを好む人にもおすすめしません。

G-SHOCKのフルメタルモデルは、メタリックな光沢と独特のデザインが特徴です。

このデザインが派手すぎると感じる人や、シンプルで控えめな時計を求める人には適していません。

特にフォーマルな場面やビジネスシーンでは、目立ちすぎると感じることがあります。

具体的な例として、ゴールドモデルのG-SHOCKフルメタルを挙げることができます。

このモデルは非常に目立ち、カジュアルなシーンではファッションのアクセントになりますが、フォーマルな場では浮いてしまうことがあります。

このため、シーンに応じた時計選びが求められる人には不向きです。

コスパな腕時計を探している人

さらに、G-SHOCKのフルメタルモデルは価格が高めです。

一般的なG-SHOCKの樹脂モデルに比べて、フルメタルモデルは高価なため、予算に制約がある人には購入をおすすめしません。

高価な時計を購入する際には、自分のライフスタイルや使用頻度を考慮する必要があります。

これらの理由から、G-SHOCKのフルメタルモデルは、その重さやデザイン、価格面で購入をおすすめしない人がいます。自分のライフスタイルや好みに合わせて、最適な時計を選ぶことが重要です。

購入をおすすめする人

G-SHOCKのフルメタルモデルは、多くの魅力を持つ時計ですが、特に購入をおすすめする人にはいくつかの特徴があります。

耐久性を重視する人

まず、耐久性を重視する人です。

G-SHOCKのフルメタルモデルは、その名の通り外装が金属でできており、非常に頑丈です。

耐衝撃性や防水性にも優れており、アウトドアやスポーツシーンで活躍します。

例えば、登山やキャンプ、サーフィンなどのアクティブな趣味を持つ人にとって、この耐久性は大きなメリットとなります。

デザインにこだわる人

次に、デザインにこだわる人です。

フルメタルモデルは、高級感のあるデザインが特徴。

シルバーやゴールドなどの金属の光沢が美しく、カジュアルなシーンだけでなくビジネスシーンやフォーマルな場でも使えます。

特に、時計をファッションの一部として楽しみたい人には、G-SHOCKのフルメタルモデルは非常に魅力的です。

機能性を求める人

さらに、機能性を求める人にもおすすめです。

G-SHOCKのフルメタルモデルには、ソーラー充電やBluetooth接続などの最新技術が搭載されています。

これにより、スマートフォンと連携して時刻を自動で調整したり、アラームやタイマーの設定を簡単に行うことができます。

忙しい日常生活をサポートするこれらの機能は、多くの人にとって非常に便利です。

管理人

これらの理由から、G-SHOCKのフルメタルモデルは、耐久性、デザイン、機能性を重視する人に特におすすめです。

フルメタルモデルのおすすめモデル

G-SHOCKのフルメタルモデルには多くのバリエーションがあり、どれを選ぶべきか迷います。

ここでは、特におすすめのモデルをいくつか紹介します。

GMW-B5000D-1JF

まず、GMW-B5000D-1JFです。このモデルは、初代G-SHOCKのデザインを受け継ぎながら、メタル素材で高級感をプラスしています。

ステンレススチール製のケースとバンドは、耐久性に優れ、かつエレガントな印象を与えます。

また、ソーラー充電機能やBluetooth接続機能を搭載しており、スマートフォンとの連携が可能。

これにより、常に正確な時刻を維持できるだけでなく、アラームやタイマーの設定も簡単に行えます。

GMW-B5000GD-9JF

次に、GMW-B5000GD-9JFです。このモデルは、ゴールドの輝きが特徴で、非常に華やかなデザインです。

金属の光沢が目を引き、ファッションアイテムとしても優れています。

特に、派手なデザインを好む人や、アクセサリーとしての時計を楽しみたい人におすすめです。

機能面でも、ソーラー充電やBluetooth接続が搭載されており、実用性も高いです。

GMW-B5000MB-1JF

GMW-B5000MB-1JFもおすすめです。このモデルは、マットなブラックのデザインが特徴で、シックで落ち着いた印象を与えます。

光沢を抑えたメタル素材は、ビジネスシーンやフォーマルな場でも違和感なく使用できます。

また、耐衝撃性や防水性に優れており、アウトドアやスポーツシーンでも活躍します。

GMW-B5000TCC-1JR

GMW-B5000TCC-1JRも注目のモデルです。

このモデルは、ベゼルやバンドに基板回路のパターンをレーザー彫刻で表現しており、非常に個性的なデザインです。

デザイン性にこだわりがある人や、人と違った時計を求める人におすすめです。

また、チタン合金を使用しているため、軽量でありながら高い耐久性を誇ります。

これらのモデルはそれぞれに特徴があり、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。

G-SHOCKのフルメタルモデルは、デザイン、耐久性、機能性のバランスが取れているため、多くのシーンで活躍します。

何度も言いますがビジネスにも使える

画像引用元:CASIO

G-SHOCKのフルメタルモデルは、その高級感と機能性からビジネスシーンでも十分に使える時計です。

特に以下の理由から、ビジネスパーソンにおすすめです。

ビジネスで使える理由
  • デザイン面での優位性
  • G-SHOCKならではの機能性
  • 長く使用できる耐久性

順に紹介していきますね。

デザイン面での優位性

まず、デザイン面での優位性があります。

G-SHOCKのフルメタルモデルは、シルバーやブラック、ゴールドなどのメタリックなカラーが特徴で、高級感があります。

この高級感が、スーツスタイルやビジネスカジュアルにマッチし、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

例えば、GMW-B5000D-1JFのようなシンプルでエレガントなデザインは、どんなビジネスシーンでも違和感なく着用できます。

G-SHOCKならではの機能性

次に、機能性です。G-SHOCKのフルメタルモデルには、ソーラー充電やBluetooth接続機能が搭載されており、常に正確な時刻を保つことができます。

ビジネスパーソンにとって、正確な時刻を維持することは重要です。

さらに、防水性や耐衝撃性に優れているため、出張や外回りの多い仕事でも安心して使用できます。

具体的な例として、GMW-B5000MB-1JFを挙げることができます。

視認性の高い液晶画面やLEDバックライトが搭載されており、暗い場所でも時刻を確認しやすいです。

長く使用できる耐久性

さらに、G-SHOCKのフルメタルモデルは、その耐久性から長く使用できるという利点があります。

耐衝撃性に優れているため、ちょっとした衝撃や落下でも壊れにくく、長期間愛用することができます。

この点も、コストパフォーマンスを重視するビジネスパーソンにとって魅力的です。

これらの理由から、G-SHOCKのフルメタルモデルは、ビジネスシーンでも十分に使える時計です。デザインと機能性の両方を兼ね備えており、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

フルメタルでオシャレな人になろう

G-SHOCKのフルメタルモデルは、オシャレな人を目指す方にもぴったりのアイテムです。

デザインが多様性であり、シルバー、ゴールド、ブラックなど、さまざまなカラーバリエーションがあります。

これにより、自分のファッションスタイルや好みに合わせて選ぶことができます。

ファッション雑誌やSNSで紹介されているコーディネートを参考にすることで他の方との違いを出すことが可能です。

多くのファッショニスタがG-SHOCKのフルメタルモデルを取り入れ、さまざまなスタイルを楽しんでいます。

G-SHOCKフルメタルはダサい?:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • G-SHOCKのフルメタルは外装全体が金属で作られた腕時計
  • 通常のG-SHOCKは主に樹脂素材を使用
  • フルメタルモデルはステンレスやチタンなどの金属素材を使用
  • 高級感のあるデザインが特徴
  • フルメタルモデルはデザインが美しい
  • カジュアルなシーンだけでなくビジネスやフォーマルな場面でも使える
  • 初代G-SHOCKのデザインを継承しつつ現代的なアレンジがある
  • 金属製のケースやベゼルは頑丈で耐衝撃性が高い
  • ソーラー充電機能やBluetooth接続機能を搭載
  • スマートフォンと連携して時刻を自動調整可能
  • シルバー、ブラック、ゴールドなどのカラーバリエーションが豊富
  • 限定モデルやコラボレーションモデルも定期的に発売
  • 「G-SHOCK フルメタル ダサい」と検索される理由は複数ある
  • キラキラしすぎると感じる人がいる
  • 高級感がないと感じる人がいる
  • 若者向けの印象が強いと感じる人がいる
  • スーツに合わないと感じる人がいる
  • 存在感が強すぎると感じる人がいる
  • 実際の評判や口コミは高評価が多い
  • デザインと機能性が評価されている
  • 多くの芸能人がフルメタルモデルを愛用している
  • フルメタルモデルは女子ウケも良い
  • 時計の重さが気になる人には不向き
  • シンプルなデザインを好む人には不向き
  • 高価なためコスパを重視する人には不向き
  • 耐久性、デザイン、機能性を重視する人におすすめ
  • フルメタルモデルはビジネスシーンでも使える
  • ファッションアイテムとしても優れている
  • フルメタルモデルはコレクションとして楽しめる

G-SHOCKについてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次