\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

G-SHOCKスケルトン黄ばみを解消する漂白と染色方法!

当ページのリンクには広告が含まれています。

G-SHOCKのスケルトンモデルを所有している方であれば、時間と共に避けられない黄ばみや劣化に直面することがあります。

しかし、諦める必要はありません。

本記事では、スケルトンモデルの黄ばみを解消するための漂白方法、ワイドハイターを用いたクリーニング技術、さらには染色やバンド交換によって時計を蘇らせる方法を紹介します。

これらの方法を駆使して、愛用の時計を長く美しく保ちましょう。

この記事のポイント!
  • G-SHOCK スケルトンの黄ばみの主な原因とその予防策。
  • 黄ばみを解消するための漂白方法と使用する際の注意点。
  • ワイドハイターを利用した清掃方法の手順。
  • 時計の見た目を一新する染色とバンド交換の方法。
タップできる目次

G-SHOCKスケルトン黄ばみの原因と対策

G-SHOCKスケルトン黄ばみの原因と対策

黄ばみの取り方と基本知識

G-SHOCKのスケルトンモデルが黄ばんでしまうのは、経年劣化が主な原因です。

しかし、あなたが知っておくべきことは、この黄ばみを取る方法がいくつか存在するということです。

管理人

ただし、全ての方法が全てのG-SHOCKに効果的とは限らないため、まずは基本知識から押さえておくことが大切です。

一般的に、黄ばみを取る方法としては、漂白剤を用いた方法が知られています。

これは、ワイドハイターのような漂白剤を使って黄ばみを薄くする方法ですが、プラスチックの質感を損なうリスクがあります。

そのため、漂白を試みる前に、そのG-SHOCKが漂白剤に耐えられる材質であるかどうかを確認することが重要です。

また、漂白剤を使用する場合は、必ず薄めた液体を使い、短時間の処理に留めるようにしましょう。

漂白剤を使う方法以外にも、専用のクリーナーを使う方法や、紫外線の影響を避けるために保管方法を見直すという予防策もあります。

つまり、G-SHOCKの黄ばみを取るには、様々な方法があるものの、それぞれにメリットとデメリットがあることを理解した上で、慎重に選択することが求められます。

イルクジモデルの黄ばみの特徴

愛と冒険の心をくすぐるG-SHOCK/G-LIDE GWX-8900、「Love The Sea And The Earth」コラボレーションモデルで、イルカ・クジラと共に自然の美しさを身に纏いましょう。

この限定モデルは、イルカやクジラの吹き出すしぶきを彩る虹をイメージしたデザイン。

レインボーIPベゼルと爽やかなホワイトが特徴で、バックライトで現れるクジラの姿があなたの心を海の冒険へと誘います。さらに、タフソーラー機能と世界6局の標準電波受信で、常に正確な時刻を保ちます。

環境に配慮した紙箱と再利用可能な綿100%巾着袋で、地球への愛も表現。この特別な時計で、日々の生活に彩りと意義を加えてみませんか?

G-SHOCKの中でも、特に「イルクジ」モデルの黄ばみは、その独特の色彩があるために、他のモデルよりも目立ちやすい傾向にあります。

イルクジモデルの特徴として、鮮やかな色使いがあげられますが、その鮮やかさが黄ばみによって損なわれることは残念ながらあります。

特に、スケルトンタイプのイルクジモデルでは、黄ばみが透明感を損ね、見た目にも影響を与えます。

黄ばみの原因は、紫外線の影響や汗、油分といった日常生活での摩耗によるものが多いです。これには、紫外線に長時間さらされることによる材質の劣化や、汗や油分が素材に浸透しやすい性質が関係しています。

管理人

イルクジモデルの黄ばみに対処するには、定期的な清掃や、直射日光を避ける保管が有効です。

また、使用後には柔らかい布で優しく拭き取ることで、汗や油分をこまめに除去することも重要です。

こうして、イルクジモデルの黄ばみは、その特徴を理解し、日頃からのケアを怠らないことで、ある程度は防ぐことが可能です。

黄ばみの漂白方法

G-SHOCKスケルトンモデルの黄ばみに対して漂白剤を使う方法は、一定の効果が期待できます。

ただし、この作業を行う際には、プラスチック素材を傷めないよう、特に注意が必要です。では、作業手順を順に紹介していきます。

G-SHOCK漂白手順
STEP
必要な材料の準備
STEP
各パーツを取り外す
STEP
漂白剤の溶液を作る

ぬるま湯に漂白剤を溶かし、濃くなりすぎないように注意し、均一な溶液を作りましょう。

STEP
バンドやベゼルカバーを溶液に浸す

約2時間から3時間程度溶液に完全に浸しましょう。汚れ具合によって時間は調整。

STEP
ブラシで軽くこする

再度、柔らかいブラシで汚れを取り除きましょう。

STEP
水で洗浄

漂白剤を完全に流水で洗い流します。残留物が残らないように注意しましょう。

STEP
乾燥

清潔な布で水分をふき取り、日陰かつ風通しのよい場所で乾燥させましょう。

STEP
各パーツを取り付ける

ベルトやベゼルのカバーを取り付けて完了です。

使用する際には、必ず手袋を着用し、直接皮膚に触れないようにしてください。また、漂白剤を薄める際には、水との割合を適切に保つことが重要です。

管理人

過度に濃い漂白剤は、G-SHOCKの素材を劣化させる可能性があります。

漂白剤に浸した後は、きちんとすすぎ洗いを行い、残留する化学物質を除去してください。

そして、洗い終わった後は、自然乾燥させることが望ましいです。

この方法を選ぶ場合、漂白効果が一時的であること、また、黄ばみが完全に取れない可能性もあることを理解しておく必要があります。

ワイドハイターを使った清掃

ワイドハイターを使った清掃は、G-SHOCKの黄ばみに対して効果的な方法の一つです。ただし、ワイドハイターはこの清掃方法を行う前に、G-SHOCKが水に強いモデルであることを確認してください。

G-SHOCK漂白手順
STEP
必要な材料の準備
STEP
予洗いを行う

事前に用意した柔らかいブラシでバンドやベゼルに付着した汚れやほこりを取り除きましょう。

STEP
ワイドハイターを希釈

ワイドハイターは、製品ラベルに記された推奨比率に従い水で適切に薄めてください。直接高濃度で使用するとバンドを傷める恐れがあります。

STEP
希釈液を塗布しブラシで軽くこする

STEP3で希釈したワイドハイターの溶液を布にふくませ、バンドやベゼルカバーに塗布。塗布後、柔らかいブラシで汚れを取り除きましょう。

STEP
水で洗浄

ワイドハイターの希釈液を完全に流水で洗い流します。残留物が残らないように注意しましょう。

STEP
乾燥

清潔な布で水分をふき取り、日陰かつ風通しのよい場所で乾燥させましょう。

STEP
各パーツを取り付ける

ベルトやベゼルのカバーを取り付けて完了です。

ワイドハイターは、薄めた液を布に含ませて、黄ばみ部分を優しく拭き取る形で使用します。

管理人

液剤が時計内部に入らないよう、細心の注意を払って作業を進めてください。

清掃後は、必ず清水でハイターを洗い流し、時計を乾かしてください。

ただし、この方法でも、黄ばみが完全に解消されないことや、繰り返しの使用が時計に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

ワイドハイターを使用する際には、適度な頻度と量を心がけ、時計の状態を常にチェックしながら進めることが推奨されます。

これらの理由から、ワイドハイターを使った清掃は、あくまで一時的な解決策と考え、時計の保護とメンテナンスには継続的な注意を払うことが大切です。

黄ばみの防止策

G-SHOCKスケルトンモデルの黄ばみは、主に紫外線の影響や、日々の汗や汚れが蓄積されることによって生じます。

ここでは、黄ばみを防ぐための簡単な対策をご紹介します。

スケルトンモデルの黄ばみ対策
  • 時計を日常的に清潔に保つこと
  • 使用後は、柔らかい布で軽く拭き、汗や汚れをこまめに取り除くこと。
  • 直射日光が当たる場所での長時間の放置は避けること

紫外線は、G-SHOCKスケルトンモデルの素材を徐々に劣化させ、黄ばみの原因となります。

これらの日常的なケアとして、時計専用の保護ケースや、紫外線を遮ることができる場所での保管が効果的です。

時計を長持ちさせるためには、これらの予防策を習慣化することが大切です。

G-SHOCKスケルトン黄ばみに立ち向かうカスタマイズ

G-SHOCKスケルトン黄ばみに立ち向かうカスタマイズ

染色方法で色褪せに新生

G-SHOCKの色褪せや黄ばみが気になる場合、染色によって新しい色彩を与え、見た目を一新することが可能です。

染色には、専用の染料を使用します。

この際、染料の選択は、G-SHOCKの素材に適したものを選ぶことが重要。また、染色を始める前に、時計を分解し、清潔な状態にしておくことが成功の鍵です。

具体的な染色方法としては、まず染料と水を適切な比率で混合し、その溶液に時計のパーツを浸します。ただし、染色時間は素材や望む色の濃さによって異なるため、小さい部品から試すことをお勧めします。

染色後は、しっかりとすすぎ、自然乾燥させることで、色落ちを防ぎます。

管理人

このようにして、G-SHOCKに新たな命を吹き込むことができます。

ただし、染色は時計の性質を変える可能性もあるため、実行前には慎重に検討し、必要であれば専門家の意見を求めることも考慮しましょう。

G-SHOCKスケルトンモデルの染色のステップ

G-SHOCKスケルトンの染色は、見た目をリフレッシュさせる素晴らしい方法です。

手順を順に紹介していきますので参考にしてみてください。

G-SHOCK漂白手順
STEP
必要な材料の準備
STEP
予洗いを行う

事前に用意した柔らかいブラシでバンドやベゼルに付着した汚れやほこりを取り除きましょう。

STEP
ワイドハイターを希釈

ワイドハイターは、製品ラベルに記された推奨比率に従い水で適切に薄めてください。直接高濃度で使用するとバンドを傷める恐れがあります。

STEP
希釈液を塗布しブラシで軽くこする

STEP3で希釈したワイドハイターの溶液を布にふくませ、バンドやベゼルカバーに塗布。塗布後、柔らかいブラシで汚れを取り除きましょう。

STEP
水で洗浄

ワイドハイターの希釈液を完全に流水で洗い流します。残留物が残らないように注意しましょう。

STEP
乾燥

清潔な布で水分をふき取り、日陰かつ風通しのよい場所で乾燥させましょう。

STEP
染料を準備

染料の種類(染める対象)によって染まらない場合があるので、以下で紹介する染料がおすすめです。

STEP
染色液を作成

80℃のお湯600ccにダイロンマルチを一袋と塩50gを適量投入し、均一になるように混ぜます。

STEP
バンドとベゼルカバーを取り外し溶液に浸す

約15程度溶液に完全に浸しましょう。汚れ具合によって時間は調整。

STEP
流水で洗浄

時計を使った時に色移りしないように、余分な染料を完全に洗い流します。

STEP
乾燥

清潔な布で水分をふき取り、日陰かつ風通しのよい場所で乾燥させましょう。

STEP
バンドとベゼルカバーを取り付け

バンドとベゼルカバーが完全に乾いたら取り付けて完了です。

まず、染色に使用する染料を選びますが、しっかり染め上げるのに重要なのが染料です。

このとき、スケルトンモデルのG-SHOCKの素材は公表されていないので、素材から染料を選ぶことができません。何種類かの染料を試した結果、上で紹介したダイロンの染料がベストでした。

薄い色は染色しにくいので、しっかり染色したい場合は濃いめの色を選ぶのがよいでしょう。

この一連のステップを通じて、G-SHOCKスケルトンは新しい色彩で蘇ります。

ただし、染色には慎重な作業が必要であること、また染色後の色持ちは使用状況によって異なることを理解しておくことが大切です。

バンド交換で一気に新品へ

G-SHOCKスケルトンのバンド交換は、時計の雰囲気をガラリと変えることができるため、非常に人気があります。

交換用のバンドは、G-SHOCKのモデルに合ったものを選ぶことがもちろんですが、バンドを固定するためのピンを外すためのピン抜き工具も必要になります。

バンド交換は、比較的簡単に自分で行うことができますが、不安な場合は専門店に依頼することも一つの選択肢です。

YouTubeを検索するとバンドの交換方法をわかりやすく紹介している方が、沢山おられるので参考にするのもの一つのです。

管理人

一番わかりやすかった動画を紹介しておきます。

染色後のケア方法

染色が終わった後のケアは、染色したアイテムを長持ちさせるために非常に重要です。

まず、染色直後は余分な染料をしっかりと洗い流し、清水ですすぎを十分に行ってください。これにより、染料が固定され、色落ちや色移りを防ぐことができます。

その後、アイテムを自然乾燥させることが推奨されます。

直射日光の下や高温の場所での乾燥は避け、風通しの良い陰干しを行うと良いでしょう。

また、染色したアイテムを使用する際に最初のうちは衣類に移る可能性があるので、長袖やアクセサリーは付けずに数回は様子を見ることを推奨します。

これらのケア方法を実践することで、染色したアイテムの美しさと色鮮やかさを保つことができます。

染色やバンド交換で見違えるG-SHOCKへ

染色やバンド交換で見違えるG-SHOCKへ

G-SHOCKの時計は耐久性に優れていますが、長年の使用による色褪せや黄ばみが気になることもあるでしょう。

このようなとき、漂白や染色、バンド交換は、時計に新たな命を吹き込む素晴らしい方法といえます。

上で紹介した方法により、長く愛用してきたG-SHOCKを、新鮮な見た目で再び腕に巻くことができるでしょう。

ただし、染色やバンド交換を行う際には、時計の保証条件などにも注意を払うことが大切です。

時計によっては、自分でのカスタマイズが保証の対象外になる場合があるため、事前に確認しておくことをお勧めします。

これらのカスタマイズを通じて、G-SHOCKは長年のパートナーとして、あなたの日常に新たな彩りを加えることでしょう。

G-SHOCKスケルトン黄ばみを解消:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • G-SHOCKスケルトンの黄ばみは経年劣化が主な原因
  • 黄ばみ取りには漂白剤が一般的だがリスクも
  • 漂白前にG-SHOCKの材質を確認が必要
  • 漂白剤使用時は薄めて短時間で処理する
  • 専用クリーナーや保管方法見直しも黄ばみ対策に有効
  • イルクジモデルの黄ばみは特に目立ちやすい
  • 紫外線や日常の摩耗が黄ばみの大きな原因
  • 定期的な清掃や直射日光避ける保管が効果的
  • 漂白方法はG-SHOCK素材を傷めないよう注意要
  • 漂白剤は薄めて使用し、すすぎ洗いが重要
  • ワイドハイター使用は水で薄めること
  • 希釈液を布に含ませて黄ばみ部分を優しく拭く
  • 染色は新しい色彩を与え見た目を一新可能
  • 染色後のケアで色落ちや色移りを防ぐ
  • バンド交換は時計の雰囲気をガラリと変える
  • 自分でのカスタマイズが保証の対象外になる場合があるので注意

G-SHOCKについてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次