\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

オリエントの時計は壊れやすい?専門家がその真相と評判を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
オリエント 時計 壊れやすい?

オリエントの時計は壊れやすいのでしょうか?

この記事では、オリエントの時計に対する評判や実際の耐久性について詳しく解説します。

オリエントは長い歴史を持つ日本の腕時計ブランドであり、高品質な機械式時計を提供しています。

しかし、一部で「オリエントの時計は壊れやすい」という声が聞かれることも事実です。

では、なぜそのような評判があるのでしょうか?

また、壊れた場合に修理できる店舗や修理の持ち込み方法、ヨドバシカメラでの対応、さらにはオーバーホールの費用についても紹介します。

オリエントの時計の真価を知りたい方や、修理に関する情報を探している方にとって、有益な内容を提供します。

この記事のポイント!
  • オリエントの時計が壊れやすいと言われる理由
  • オリエントの時計の評判と実際の耐久性
  • 修理できる店舗や修理の持ち込み方法
  • オーバーホールの費用や修理に関する情報
タップできる目次

オリエントの時計は壊れやすい?その真相は?

上のリストから興味のある見出しに直接アクセスできます。

オリエントとは?どんなブランド?

オリエントは、1901年から続く歴史ある日本の腕時計ブランドです。

オリエントは高品質な機械式時計を製造しており、日本製の時計をお手頃な価格で手に入れたいと考えている方におすすめ。

オリエントの時計は、シンプルで飽きのこないデザインが多く、スーツスタイルからカジュアルスタイルまで幅広く合わせることができます。

セイコーやシチズンと比べると知名度は劣りますが、オリエントの時計はコストパフォーマンスに優れており、時計愛好家からも高く評価されています。

オリエントの時計の歴史

オリエント時計の歴史は、1901年に吉田庄五郎氏が東京・上野で創業した「吉田時計店」から始まります。

当初は懐中時計の輸入販売をメインに事業を行っていましたが、1920年には「東洋時計製作所」を設立し、本格的に時計の製造を開始しました。

1934年には腕時計の製造も開始し、1951年には「オリエント時計株式会社」に社名を変更しました。

その後も、オリエントは高品質な機械式時計を製造し続け、1957年には、当時としては画期的だった自動巻き機構を搭載した「オリエントスター」を発売し、人気を博しました。

1970年代に入るとクォーツ時計が台頭し、機械式時計は衰退の一途をたどりますが、オリエントは機械式時計の製造を継続し、現在に至ります。

実は高品質!オリエント時計の評判

オリエント時計は、高品質な機械式時計を製造しているにも関わらず、比較的手頃な価格で購入できる点が魅力です。

そのため、コストパフォーマンスの高さに定評があり、時計愛好家からも高い評価を得ています。

オリエントの時計は、ムーブメントと呼ばれる時計の心臓部を自社で製造。

ムーブメントは時計の精度や耐久性を左右する重要な部品ですが、オリエントは長年培ってきた技術力で高品質なムーブメントを製造しています。

また、オリエントの時計は、シンプルで飽きのこないデザインのものが多いのも特徴。そのため、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使うことが可能です。

一方で、オリエントはセイコーやシチズンと比べると知名度が劣ります。そのため、ブランドイメージを重視する方にはあまり向いていないかもしれません。

壊れやすいと言われる理由

オリエントの時計は、一部で「壊れやすい」と言われることがあります。

しかし、実際にはオリエントの時計は壊れやすいということはありません。オリエントは、100年以上続く歴史ある日本の時計メーカーであり、その品質の高さには定評があります。

では、なぜオリエントの時計は「壊れやすい」と言われることがあるのでしょうか。

考えられる理由は次の通りです。

壊れやすいと言われる理由
  • 主力商品が機械式時計であるため
  • 手頃な価格帯であるため
  • 中古市場での流通量が多いため

主力商品が機械式時計であるから

オリエントの時計は、機械式時計を主力商品としていることが挙げられます。

機械式時計は、クォーツ時計に比べて構造が複雑で、部品点数も多いです。

そのため、クォーツ時計に比べると、故障が発生する可能性が高くなってしまいます。

手頃な価格帯であるから

また、オリエントの時計は、比較的手頃な価格で購入できることも、「壊れやすい」というイメージに繋がっているのかもしれません。

しかし、前述の通り、オリエントの時計は品質が低いため壊れやすいのではなく、機械式時計であるがゆえに、クォーツ時計よりも故障が発生する確率がわずかに高いためです。

中古市場での流通量が多いため

オリエントの時計は、中古市場でも多く流通しています。

中古で購入した場合は、前の所有者がどのように使用していたか、また、適切なメンテナンスを行っていたかによって、時計の状態は大きく異なります。

そのため、中古で購入したオリエントの時計が、必ずしも良好な状態とは限りません。

オリエントの時計は、適切にメンテナンスを行うことで、長く愛用することができるので、定期的にオーバーホールに出すようにしましょう。

オリエント時計の保証期間は?

オリエント時計の保証期間は、購入日から1年間です。

保証期間内であれば、通常の使用において故障した場合、無償で修理を受けることができます。

ただし、保証期間内であっても、取扱説明書に記載されている使用方法を守らなかった場合や、誤った使用によって故障した場合などは、有償修理となる場合があります。

また、保証書がない場合や、保証書の記載内容に不備がある場合も保証の対象外となりますので、注意が必要です。

保証を受ける際は、保証書と購入時のレシートなどを大切に保管しておきましょう。

オリエントの時計を修理したい場合は?

上のリストから興味のある見出しに直接アクセスできます。

オリエントスターが修理できる店舗

オリエントスターの修理を依頼できる店舗は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 正規のサービスセンター
  • 時計修理専門店
  • 百貨店や家電量販店

では、順に紹介していきます。

正規サービスセンター

1つ目は、オリエントスターの正規サービスセンターです。

正規サービスセンターであれば、オリエントスターの時計の修理に精通した技術者が対応してくれるため、安心して修理を任せられます。

時計修理専門店

2つ目は、時計修理専門店です。

時計修理専門店は、オリエントスターを含む様々なブランドの時計の修理に対応しています。

正規サービスセンターよりも修理費用が安い場合もありますが、技術力にはばらつきがあるため、事前に口コミなどを確認しておくと良いでしょう。

百貨店や家電量販店

3つ目は、百貨店や家電量販店などの時計売り場です。

これらの店舗では、時計の修理を請け負っている場合があります。

ただし、店舗によっては、修理を受け付けていない場合や、外部の修理業者に委託している場合もあるため、事前に確認が必要です。

オリエントへの修理の持ち込み

オリエントの時計の修理を依頼する場合、時計を購入した店舗や、オリエントの正規サービスセンターに持ち込む方法があります。

時計を購入した店舗に持ち込む場合は、購入履歴が残っているため、スムーズに修理の手続きを進めることができ、時計の状態によっては、無償で修理してもらえる場合もあります。

オリエントの正規サービスセンターに持ち込む場合は、専門の技術者が修理を担当してくれるため、安心して修理を任せることができます。

ただし、正規サービスセンターは、全国に数ヶ所しかないため、近くにない場合は、郵送で修理を依頼する必要が。

ヨドバシカメラで修理はできる?

オリエントスターの時計を修理する場合、ヨドバシカメラなどの家電量販店に持ち込む方法もあります。

ヨドバシカメラでは、時計の修理を受け付けており、オリエントスターの時計も修理可能です。

メリットは店舗が多いこと

ヨドバシカメラで時計の修理を依頼するメリットは、全国に店舗があるため、持ち込みやすい点が挙げられます。

また、ヨドバシカメラのポイントカードを持っている場合は、ポイントを貯めたり、使ったりすることが可能です。

専門的な修理ができないデメリット

ただし、ヨドバシカメラで時計の修理を依頼する場合、修理内容によっては、専門の修理業者に依頼することになります。

そのため、修理に時間がかかる場合もあります。

家電量販店以外では、時計専門店でも修理を受け付けている場合があります。

時計専門店は、時計の修理に特化しているため、家電量販店よりも修理の質が高い場合が多いでしょう。

オリエントの時計の修理料金

オリエント時計の修理料金は、故障の内容や修理部品の有無によって異なります。

一般的な修理内容としては、ガラス交換、針交換、電池交換などがあげられます。

  • ガラス交換:5,000円〜10,000円
  • 針交換:3,000円~5,000円
  • 電池交換:1,000円~3,000円

ただし、これらの料金はあくまでも目安です。修理を依頼する店舗や、時計の状態によって料金は異なる場合があるので注意が必要です。

また、修理には時間がかかる場合もあります。修理期間は、故障の内容や修理部品の在庫状況によって異なりますが、数週間から数ヶ月かかることもあります。

オーバーホール料金はどれくらい?

オリエント時計のオーバーホール料金は、時計の状態や修理内容によって異なりますが、一般的には20,000円~30,000円程度が相場です。

オーバーホールでは、時計を分解して内部の清掃や注油、部品交換などを行います。

オーバーホールは、時計の精度や耐久性を維持するために必要なメンテナンスです。定期的にオーバーホールを行うことで、時計を長く愛用することができます。

オリエントでは、オーバーホールを依頼すると、1年間の保証が付いてきます。保証期間内であれば、オーバーホールに起因する故障の場合、無償で修理を受けることができます。

オリエントの時計は壊れやすい?:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • オリエントは1901年創業の日本の腕時計ブランドである
  • オリエントの時計は高品質な機械式時計を製造している
  • 手頃な価格で高品質な時計を提供している
  • シンプルで飽きのこないデザインが特徴である
  • スーツスタイルからカジュアルスタイルまで幅広く対応する
  • セイコーやシチズンより知名度は劣るがコストパフォーマンスに優れている
  • 時計愛好家からも高評価を得ている
  • 一部で「壊れやすい」と言われることがある
  • 機械式時計が主力商品のため故障の可能性がクォーツ時計より高い
  • 手頃な価格帯であるため品質が疑われることがある
  • 中古市場での流通量が多いため状態がまちまちである
  • 適切なメンテナンスを行えば長く使用できる
  • 保証期間は購入日から1年間である
  • 正規サービスセンターや時計修理専門店で修理が可能である
  • オーバーホールを定期的に行うことで時計の寿命を延ばせる

についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

参考
オリエント 時計 壊れやすい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次