\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

【ロレックス】昔は安かったって本当?驚きの価格推移を公開

当ページのリンクには広告が含まれています。
ロレックス昔は安かった?

「ロレックス昔は安かった」というワードで検索しているあなたは、現在のロレックスの価格の高騰ぶりに驚いているのではないでしょうか。

一昔前には手の届きやすい価格帯だったロレックスが、なぜここまで高騰したのか、その理由と価格推移について解説していきます。

また、ロレックスの高騰はいつまで続くのか、昔のモデルの価値や、ロレックス以外の高騰しているブランドについても紹介します。

この記事のポイント!
  • ロレックスが昔は安かったという事実
  • ロレックスの価格が高騰した理由
  • ロレックスの過去の価格推移
  • 今後もロレックスの価格は高騰する可能性
タップできる目次

ロレックスは昔は安かった?その真相を解説

ロレックスは昔は安かった?その真相を解説

上のリストから興味のある見出しに飛びます。

ロレックス昔は安かったは本当?

結論から言うと、ロレックスが昔は安かったというのは本当です。

現在では考えられないかもしれませんが、1990年代には多くのモデルが30万~40万円台で購入できました。

しかし、時代の流れとともにロレックスの価格は上昇し、現在では当時の2倍以上の値が付いていることも少なくありません。

2017年頃からは世界的な需要の高まりから価格が高騰し、2024年現在もその傾向は続いています。

ロレックスが高級腕時計の代名詞である理由

ロレックスが高級腕時計の代名詞である理由
  • 腕時計というジャンルを確立したブランドだから
  • 数々の技術的発明をしたブランドだから
  • 持つこと自体がステータスになっているから

順に説明して行きますね。

腕時計というジャンルを確立したブランドだから

ロレックスが高級腕時計の代名詞として確固たる地位を築いた理由の一つに、腕時計というジャンルそのものを確立したことが挙げられます。

1900年代

1900年代初頭、腕時計は懐中時計に比べて精度が劣る装飾品としての認識が一般的でした。

1910年

ロレックスは1910年に腕時計としては世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定を取得。

時計の精度を示す客観的な指標を打ち立てたことで、腕時計は実用的なアイテムとしての道を歩み始めます。

さらにロレックスは、自社製品の精度と耐久性を証明するために、過酷な環境下での挑戦にロレックスの腕時計を使用することを推進しました。

1927年

1927年には、メルセデス・グライツがロレックス オイスターを着用して女性初のドーバー海峡横断泳に成功。

1953年

1953年には、エドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイがロレックスを着用し、世界初のエベレスト登頂を達成しました。

1960年

1960年には、ジャック・ピカールとドン・ウォルシュが潜水艇トリエステ号にロレックス ディープシー スペシャルを搭載し、世界最深部であるマリアナ海溝への潜航に成功しています。

これらの偉業によって、ロレックスは「過酷な環境にも耐えうる、高精度な腕時計」というイメージを確立していったのです。

こうしてロレックスは、それまで一般的ではなかった腕時計というジャンルを確立し、高級腕時計ブランドとしての地位を確固たるものにしたと言えるでしょう。

数々の技術的発明をしてきたブランドだから

ロレックスが世界に認められる高級腕時計ブランドに成長した背景には、画期的な技術革新を積極的に進めてきた歴史があります。

オイスターケースとは?

1926年に実用化されたオイスターケースは、世界初の防水・防塵性を備えた腕時計ケースです。

金属の塊から削り出したケースに、ねじ込み式の裏蓋とリューズを組み合わせることで、まるで牡蠣の殻のように高い気密性を実現しました。

パーペチュアル機構とは?

1931年に開発されたパーペチュアル機構は、腕の動きによって自動的にゼンマイを巻き上げる自動巻き機構です。

これにより、従来の手巻き時計のようにゼンマイを巻き上げる手間が省け、常に安定した精度を保つことが可能になりました。

デイトジャスト機構とは?

1945年に発表されたデイトジャスト機構は、日付を瞬時に切り替えることができる画期的な機構です。

それまでの腕時計は日付がゆっくりと切り替わるものが一般的でしたが、デイトジャスト機構によって日付の視認性が飛躍的に向上しました。

これらの革新的な技術は、他の腕時計メーカーにも大きな影響を与え、現在の腕時計の基礎となりました。

ロレックスは、単に高級腕時計というだけでなく、時計の歴史そのものを大きく変えたブランドと言えるのではないでしょうか。

持つこと自体がステータスとなっているから

ロレックスは、その品質の高さや技術力の素晴らしさだけでなく、ステータスシンボルとしての地位を確立したことも、高級腕時計としての地位を不動のものにした要因と言えるでしょう。

創業者のハンス・ウィルスドルフは、ロレックスのブランド価値を高めるために、各界の著名人にロレックスを贈呈する戦略を取りました。

例えば、スイスの英雄であるアンリ・ギザン将軍、イギリスのウィンストン・チャーチル元首相、アメリカのドワイト・D・アイゼンハワー元大統領など、世界的に著名な人物たちにロレックスが贈られています。

特に、ジョン・F・ケネディ、リンドン・B・ジョンソン、ジェラルド・R・フォード、ロナルド・レーガン、リチャード・ニクソンなど、歴代アメリカ大統領の多くがロレックスを愛用していたことは有名です。

こうしてロレックスは、「成功者が身につける腕時計」というイメージを世間に浸透させていきました。

さらに、映画やドラマなどの劇中で登場人物にロレックスを着用させるプロダクトプレイスメントを通じて、人々の憧れの的となるようなイメージ戦略を展開。

これらの巧みなマーケティング戦略によって、ロレックスは高級腕時計としての地位を確固たるものにしたと言えるでしょう。

ロレックスがなぜ高騰したのか?

ロレックスがなぜ高騰したのか?

ロレックスの価格高騰は、需要と供給のバランスが崩れたことが大きな要因です。

世界的な経済成長や資産価値の上昇を背景に、富裕層を中心にロレックスの需要は年々増加しています。

特に、中国や東南アジアなどの新興国では、経済成長に伴い富裕層が急増しており、ステータスシンボルとしてロレックスの人気が高まっています。

一方で、ロレックスは、品質維持のために生産量を厳格に管理しています。

そのため、需要の増加に対して供給が追いついていない状況が続いており、価格高騰に拍車をかけているのです。

管理人

また、ロレックスは、転売目的で購入する人も多く、転売市場においても価格が高騰しています。

転売ヤーたちは、人気モデルを正規店で購入し、プレミア価格をつけて転売することで利益を得ています。

このような転売行為も、ロレックスの価格高騰の一因となっていると言えるでしょう。

ロレックスの高騰いつまで続く?

ロレックスの高騰いつまで続く?

ロレックスの価格高騰がいつまで続くのかは、誰にも断言できません。

しかし、現在の状況を考えると、価格高騰の傾向はしばらく続くと考えられます。

管理人

なぜなら、世界経済は今後も成長を続けると予想され、富裕層はさらに増加すると考えられるからです。

それに伴い、ロレックスの需要はますます高まり、供給不足はさらに深刻化する可能性があります。

また、ロレックスは、ブランド価値を維持するために、今後も生産量を制限していくと予想されます。

そうなれば、需要と供給のバランスはさらに崩れ、価格高騰に拍車がかかる可能性もあるでしょう。

ただし、世界経済が減速したり、ロレックスの人気が衰退したりすれば、価格が下落する可能性もゼロではありません。

ロレックスの価格動向は、今後の世界経済や時計市場の動向に左右されるため、注意深く見守っていく必要があるでしょう。

ロレックス昔は安かった?過去との比較

ロレックス昔は安かった?過去との比較

上のリストから興味のある見出しに飛びます。

20年前モデルと現在の価格を比較

20年前、つまり2003年頃と比較すると、ロレックスの価格は全体的に大きく上昇しています。

特に、スポーツモデルの人気モデルは、当時の2倍から3倍以上の価格で取引されることも珍しくありません。

「コスモグラフ デイトナ Ref.116520」は、2003年当時で定価は80万8500円でしたが、2023年現在の中古市場では300万円を超える価格で取引されています。

「サブマリーナーデイト Ref.16610」は、2003年当時で定価は51万2400円でしたが、2023年現在の中古市場では150万円を超える価格で取引されています。

このように、20年前と比べてロレックスの価格は大きく上昇しており、その傾向は今後も続くと予想されます。

30年前のロレックスの値段は?

30年前のロレックスの値段は?

30年前の1993年頃は、上述した20年前よりも安く、現在よりもはるかに手の届きやすい価格帯でした。

多くのモデルが30万円台から購入することができ、中には20万円台で購入できるモデルも存在したくらいです。

例えば、当時人気の高かった「エクスプローラー Ref.14270」は、新品でも30万円台で購入することができました。

また、「デイトジャスト」などのドレスモデルは、さらに安い価格で購入することができました。

しかし、1990年代後半頃から徐々に価格が上昇し始め、2000年代に入るとその傾向はさらに顕著になります。

そして、2010年代後半からの世界的な需要の高まりを受け、ロレックスの価格は急騰し、現在に至ります。

50年前のロレックス価値はある?

50年前のロレックス価値はある?

中古市場で流通している50年前のロレックスにも、もちろん価値はあります。

ロレックスは、製造から長い年月が経過した時計であっても、適切なメンテナンスを施せば、長く使い続けることができる耐久性の高さが魅力です。

50年前のロレックスは、アンティークウォッチとしての価値も高まっています。

特に、状態の良い希少モデルは、コレクターの間で高値で取引されることも少なくありません。

ただし、50年前のロレックスは、経年劣化による故障や部品の交換が必要になる場合もあります。

そのため、購入する際は、信頼できる販売店で購入するか、専門家の鑑定を受けることをおすすめします。

人気モデルの価格推移

人気モデルの価格推移

ロレックスの価格は、需要と供給のバランスによって常に変動しています。

特に、人気モデルは、その希少性の高さから、年々価格が高騰しています。

例えば、「コスモグラフ デイトナ」や「サブマリーナー」といったスポーツモデルの人気モデルは、ここ数年で価格が2倍から3倍に。

また、「デイトジャスト」や「エアキング」といったドレスモデルも、人気モデルを中心に価格が上昇しています。

ロレックスの価格高騰は、世界的な経済成長や投資ブームの影響も受けており、今後もこれらの要因が続けば、ロレックスの価格はさらに上昇していく可能性が高いでしょう。

ロレックス以外で高騰しているブランド

ロレックス以外で高騰しているブランド

ロレックスの価格高騰は周知のとおりですが、近年では他の高級時計ブランドも価格が高騰しています。

その理由として、ロレックスの価格高騰の影響で、より購入しやすい価格帯のブランドに需要が流れていることが挙げられます。

また、世界的なインフレや円安も、価格高騰に拍車をかける要因です。

ロレックス以外で価格が高騰しているブランドとしては、

  • パテック フィリップ
  • オーデマ ピゲ
  • ヴァシュロン・コンスタンタ

などがあげられ、これ以外のブランドもモデルによっては高騰しているものも。

これらのブランドは、ロレックスと同様に、高い品質とブランド力、そして希少性から、時計投資家たちの間で人気が高まっています。

もし、これらのブランドの時計の購入を検討されている方は、早めの購入をおすすめします。

まだ間に合う!買いやすい昔のモデル

まだ間に合う!買いやすい昔のモデル

ロレックスの価格高騰が続いていますが、比較的買いやすい価格帯のモデルも存在します。

例えば、「エアキング」「オイスターパーペチュアル」といったモデルは、ロレックスの中では比較的手頃な価格で購入できるモデルとして知られています。

また、「デイトジャスト」も、素材やデザインによっては、比較的買いやすい価格帯で入手可能です。

さらに、アンティークのロレックスも、状態が良ければ、現行モデルよりも安く購入できる場合があります。

ただし、アンティークのロレックスは、真贋の見極めが難しいため、信頼できる販売店で購入することが重要です。

ロレックス昔は安かったって本当?:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • ロレックスは昔は安かった。
  • 1990年代には多くのモデルが30万~40万円台で購入できた。
  • 2017年頃から世界的な需要の高まりから価格が高騰しはじめた。
  • ロレックスが高級腕時計の代名詞である理由は、腕時計というジャンルを確立したブランドだから。
  • 1910年に腕時計としては世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定を取得した。
  • 精度と耐久性を証明するため、過酷な環境下での挑戦にロレックスの腕時計を使用することを推進した。
  • 画期的な技術革新を積極的に進めてきた歴史がある。
  • ロレックスの三大発明は「オイスターケース」「パーペチュアル機構」「デイトジャスト機構」。
  • 品質の高さや技術力の素晴らしさだけでなく、ステータスシンボルとしての地位を確立したことも成功の要因。
  • ロレックスの価格高騰は、需要と供給のバランスが崩れたことが大きな要因。
  • 世界的な経済成長や資産価値の上昇を背景に、富裕層を中心にロレックスの需要は年々増加している。
  • ロレックスは、品質維持のために生産量を厳格に管理している。
  • ロレックスは、転売目的で購入する人も多く、転売市場においても価格が高騰している。
  • ロレックスの価格高騰がいつまで続くのかは、誰にも断言できない。
  • 20年前と比べてロレックスの価格は全体的に大きく上昇している。
  • 30年前のロレックスは現在よりもはるかに手の届きやすい価格帯だった。
  • 50年前のロレックスにも価値はある。
  • ロレックスの価格高騰は、世界的な経済成長や投資ブームの影響も受けている。
  • ロレックス以外でも、パテック フィリップ、オーデマ ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンなどの高級時計ブランドも価格が高騰している。
  • 比較的買いやすい価格帯のロレックスのモデルも存在する。

ロレックスについてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

ロレックス昔は安かった?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次