\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

【2024年1月最新】ロレックス値上げ!人気10モデルの定価推移

当ページのリンクには広告が含まれています。
画像引用元:Rolex


ロレックスの時計は、その卓越した品質とデザインで世界中の時計愛好家から高く評価されています。

しかし、最近注目されているのはロレックスの価格高騰です。「ロレックス 値上げ」という言葉が時計業界で頻繁に耳にされるようになり、多くのファンや投資家はこの変動に敏感になっています。

では、なぜロレックスの値上げが起こったのでしょうか?

この記事では、直近の値上げのタイミングとその背景を掘り下げ、さらに最新2024年の値上げについてもまとめています。

高級時計の市場を理解する上で、ロレックスの価格動向は欠かせない要素です。

この記事のポイント!
  • ロレックスの価格が高騰した主な理由と背景
  • 直近で行われたロレックスの値上げタイミングとその影響
  • 2024年にロレックスの値上げ
  • ロレックス価格高騰に関わる市場の動向と将来予想
タップできる目次

ロレックス値上げ:原因と市場への影響

ロレックス値上げ:原因と市場への影響

なぜロレックスの値上げが起こったのか?

ロレックスの値上げ背景には、生産の制約と市場の動向が重要な役割を果たしています。特にCOVID-19のパンデミックは、スイスの工場での生産量減少に直接的な影響を与えました。

社内での厳格な品質管理と手作業に依存する生産プロセスが、パンデミックによる制限の影響を受けやすい環境でした。加えて、新型ムーブメント搭載モデルの発売や、一部モデルの生産終了が市場に希少性をもたらし、これらが価格上昇の一因となっています。

例えば、デイトナRef.116500LNの価格は発売以降、数年で数十万円単位で上昇しており、これはブランドの戦略的な生産調整によるものと考えられます。

コロナ禍とロレックス価格の関係

コロナ禍とロレックス価格の関係

コロナ禍におけるロレックスの価格動向は、供給と需要のバランスに大きく影響を受けました。

このパンデミック期間中、ロレックス工場は生産を縮小せざるを得ず、市場への供給量が著しく低下しました。具体的には、一部のモデルでは年間生産量が従来の約70%まで低下したと推測されています。

この供給不足は、ロレックス時計の価格を高騰させる主要因となりました。

さらに、経済の不確実性が投資対象としてのロレックスの魅力を高め、特に希少なモデルの需要が増大。市場では、中古品の価格も新品の定価を上回る異常事態が発生しており、その影響はコロナ禍が終息しても続いている状況です。

中国バブルの影響とロレックス市場

中国の経済成長がロレックス市場に与える影響は、特に過去数年間で顕著になってきました。中国の富裕層がロレックスを財産価値の高い投資対象とみなす傾向が強く、これが国内外でのロレックスの需要増大に大きく寄与しています。

具体的には、中国のロレックス市場では、一部のモデルが定価の2倍以上の価格で取引される場合もあり、この現象は価格高騰に直結しています。

中国経済の好況が続く限り、ロレックスの価格高騰は今後も継続すると考えられます。また、中国における新たな富裕層の出現は、ロレックスの需要をさらに高め、市場価格に影響を及ぼす可能性が高いと言えます。

新型ムーブメントと価格高騰

新型ムーブメントと価格高騰

ロレックスが導入した新型ムーブメントは、その技術革新が価格高騰の重要な要因となっています。新型ムーブメントは、時計の精度や耐久性を飛躍的に向上させましたが、これは同時に製造コストの増加を意味しています。

たとえば、新しいCalibre 3235ムーブメントは、従来のムーブメントと比較してパワーリザーブが70時間に向上していますが、この技術革新により、関連するモデルの価格が上昇する傾向が見られます。

実際に、ロレックスは技術的なアップグレードを理由に、新型ムーブメントを搭載するモデルの価格を見直すことが多いです。これにより、ロレックスの時計は単なる時間計測機器から、高度な技術が結集したプレミアム製品へと進化し、市場価値もそれに伴って高まっているのです。

直近の値上げのタイミングとその影響

直近のロレックスの値上げは、2022年1月と9月、2023年1月と9月の4回にわたって実施されました。これらの値上げは、ロレックスの市場価格に顕著な影響を与えています。

例えば、2023年の値上げでは、多くのモデルで6%から17%の価格上昇が見られました。特に、2022年9月の価格改定では、コスモグラフ デイトナなどの人気モデルが約65万円値上がりし、この影響は中古市場にも波及しました。

サブマリーナRef.116610LNのようなモデルは、中古市場での買取価格が新品購入時の定価を大きく上回る現象が見られ、約150万円前後で取引されることもあります。

これらの値上げは、ロレックスの希少性とブランド価値を反映しており、新品だけでなく中古市場にも大きな影響を与えています。投資目的でロレックスを購入する際には、これらの値上げの傾向を考慮することが重要です。

2024年値上げ予想とその背景

2024年値上げ予想とその背景

2024年にロレックスが再び価格改定を行うと予想されています。この予想は、為替レートの変動や原材料コストの上昇、ブランドの戦略に基づいています。が予想通り行われました。

ロレックスはブランド価値と希少性を維持するために、生産量を意図的に制限しており、この戦略が価格高騰の背景にあります。特に、為替レートの変動は国際市場におけるロレックスの価格設定に直接影響を及ぼすため、特に注目されています。

また、貴金属や高品質な素材の価格上昇も、価格改定の要因の一つです。このため、2024年には特に高価格帯のモデルで価格上昇が見込まれ、市場価値もそれに応じて変化することが予想されます。

買取相場とロレックスの未来予想

ロレックスの買取相場は、特定のモデルのレア度や状態、さらに市場の需要の変動によって大きく変わります。

例えば、2018年に発売された「GMTマスターⅡ」の「Ref. 126710BLRO」は、買取市場において購入価格を大きく上回る価格で取引されています。これは、限定生産や人気の高いモデルに対する熱狂的な需要によるものです。

将来的には、ロレックスのブランド価値が維持されることと、特にレアなモデルや歴史的に重要なモデルの価値がさらに増すことが予測されます。

これは、ロレックスが高級時計市場における自身の地位を固守し続けていることからも支持される見解です。そのため、特に希少性の高いモデルや、歴史的な重要性を持つモデルの価値は、将来的にさらに高まる可能性が高いと考えられます。

ロレックスの投資価値とリセール市場

ロレックスの時計は、その卓越した品質とデザインの普遍性から、長期的な投資価値を持つと広く認識されています。リセール市場では、ロレックスの時計はその状態やモデルに応じて、購入時の価格を大幅に上回る金額で取引されることが珍しくありません。

例えば、「デイトナ レフ.116500LN」モデルは定価を大きく超える価格で販売されており、特に限定モデルや希少なバリエーションは、その価値がさらに高騰しています。

これはロレックスが時計というカテゴリを超えて、長期にわたって価値を維持し、場合によっては増加させる資産として認識されていることを示しています。特にコレクターズアイテムとしての価値が高いモデルは、将来的にもその価値を保ち続けることが予想されます。

ロレックス値上げの具体的影響:人気モデルの価格推移

人気10モデル価格推移

サブマリーナー Ref.124060

124060
改定年度定価
2021年8月897,600円
2022年1月990,000円
2022年9月1,060,400円
2023年1月1,084,600円
2023年9月1,193,500円
2024年1月1,318,900円

コスモグラフ デイトナ Ref.116500LN

116500LN
改定年度定価
2021年8月1,457,500円
2022年1月1,609,300円
2022年9月
2022年9月1,720,400円
2023年1月1,757,800円

デイトジャスト41 Ref.126334

126334G
改定年度定価
2021年8月1,317,800円
2022年1月1,351,900円
2022年9月調査中
2023年1月調査中
2023年9月1,633,500円
2024年1月1,791,900円

GMTマスターII Ref.126710BLNR

126710BLNR
改定年度定価
2021年4月1,049,400円
2022年1月1,166,000円
2022年9月1,247,400円
2023年1月1,271,600円
2023年9月1,399,200円
2024年1月1,540,000円

エクスプローラー Ref.124270

124270
改定年度定価
2021年8月711,700円
2022年1月793,100円
2022年9月847,000円
2023年1月860,200円
2023年9月947,100円
2024年1月1,036,200

ヨットマスターロレジウム Ref.268622

268622
改定年度定価
2021年8月1,188,000円
2022年1月1,282,600円
2022年9月1,371,700円
2023年1月1,371,700円
2023年9月1,508,100円
2024年1月1,629,100円

エクスプローラーII Ref.216570

216570
改定年度定価
2021年8月875,600円
2022年1月
2022年9月
2023年1月
2023年9月

オイスター パーペチュアル 41 Ref.124300

124300
改定年度定価
2021年8月653,400円
2022年1月676,500円
2022年9月723,800円
2023年1月761,200円
2023年9月837,100円
2024年1月918,500円

エアキング Ref.126900

126900
改定年度定価
2021年8月816,200円
2022年1月816,200円
2022年9月872,300円
2023年1月885,500円
2023年9月974,600円
2024年1月1,065,900円

シードゥエラー Ref.126600

126600
改定年度定価
2021年4月1,293,600円
2022年1月1,433,300円
2022年9月1,533,400円
2023年1月1,570,800円
2023年9月1,729,200円
2024年1月1,911,800

 

価格高騰モデルとその理由

ロレックスの中でも特に価格高騰が顕著なモデルには、「デイトナ」や「サブマリーナ」、「GMT-Master II」が挙げられます。例えば、デイトナ モデルは、新品の定価が約2,000,000円程度であるにもかかわらず、市場ではそれを大幅に上回る価格で取引されています。

これらのモデルが特に高値で取引される理由は、それぞれのデザイン、機能性、そしてロレックスが持つ歴史的背景によるものです。

限定版や特別なバリエーション、歴史的な重要性を持つモデルは、コレクターの間で高い需要があり、その結果、市場価格が高騰しています。

特に、希少なヴィンテージモデルや、特定の映画や有名人との関連があるモデルは、その価値が時間とともにさらに高まる傾向にあります。

価格変動に影響するファクターとは?

ロレックスの価格変動には複数の要因が関わっています。

まず、ブランドの市場戦略が価格を大きく左右します。例えば、新作の発表や旧モデルの生産終了は、そのモデルの価値を高め、市場価格を変動させます。また、原材料のコスト、特に金やプラチナなどの貴金属価格の変動が、特に金無垢モデルやプラチナモデルの価格に影響を与えます。

為替レートの変動も重要なファクターです。円安やドル高などの為替変動は、特に国際市場での価格に影響を及ぼします。さらに、世界的な経済状況、特に不況や好況のサイクルは、高級時計の需要と価格に大きく影響します。

そして、特定のモデルが映画や有名人によって注目された場合、そのモデルの価格が急上昇することもあります。これらの要因が複雑に絡み合い、ロレックスの価格変動を形成しています。

ロレックスの価格高騰、いつまで続く?

ロレックスの価格高騰、いつまで続く?

ロレックスの価格高騰がいつまで続くかは、市場の動向とブランドの戦略次第です。

現在、ロレックスの需要は高く、希少なモデルは特に高値で取引されています。しかし、経済の変動や新興ブランドの台頭、消費者の嗜好の変化などは価格に影響を与える可能性があります。

例えば、世界的な経済危機が発生すれば、高級品への支出が抑えられ、ロレックスの価格が下落する可能性もあります。また、技術革新やデザインの進化により新たな競合ブランドが現れると、市場のバランスが変わり、価格に影響を及ぼすかもしれません。

投資目的でロレックスを考える際には、これらの外部要因を考慮に入れ、市場の動きを常に監視することが重要です。短期的には価格高騰が続く可能性が高いものの、長期的な予測は困難であり、慎重な判断が求められます。

ウクライナ情勢とロレックス市場の未来

ウクライナ情勢の不安定さは、世界経済に影響を及ぼし、ロレックス市場にも間接的な影響を与える可能性があります。地政学的な緊張は、投資市場の不安定化を招くことがあるため、ロレックスの価格や市場動向にも変動をもたらすかもしれません。

しかし、ロレックスの強固なブランド価値と長期的な需要を考えると、ウクライナ情勢による直接的な影響は限定的かもしれません。ロレックスの市場は非常に堅牢であり、これまで数々の経済的、政治的な変動にも耐えてきました。

ただし、世界経済に対する大きな不確実性は、一時的な市場の波乱を引き起こす可能性があり、注意深く市場を観察することが重要です。

ロレックス値上げの背景と今後の予想:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • 直近のロレックス値上げは2022年1月、9月、2023年1月、9月に実施
  • コスモグラフ デイトナの価格は約65万円の値上げを記録
  • サブマリーナRef.116610LNは中古市場で約150万円前後で取引される
  • 値上げの原因はコロナ禍による生産遅延と新型ムーブメント導入
  • 中国バブルの影響でロレックスの需要が増加
  • 投資価値としてのロレックスはリセール市場でも高価格で取引
  • 限定モデルや希少性の高いモデルは特に価格高騰
  • 価格変動にはブランド戦略、原材料コスト、為替レートが影響
  • ロレックスの価格高騰は人気と希少性が続く限り持続予想
  • 値上げの影響は新品市場だけでなく中古市場にも及ぶ
  • 2024年にも価格改定の可能性あり、戦略的な価格設定が予想される

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次