\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ウブロ終わったは本当? 真相と魅力を徹底解説!人気モデルを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
ウブロ終わったは本当?

ウブロ 終わった」「ウブロ やめとけ」といったネガティブな言葉を耳にすることが増え、購入をためらっていませんか?

確かに、一時期のブームは過ぎ去り、ウブロの時計は以前ほどの注目を集めていないかもしれません。

しかし、ウブロは、革新的な素材使いと大胆なデザインで、高級時計の概念を覆してきた、個性的なブランドです。

代表的な「ビッグバン」や、シンプルで洗練された「クラシックフュージョン」、個性的なフォルムが魅力の「シェイプド」など、幅広いコレクションを展開しています。

この記事では、ウブロがどんなブランドなのか、その魅力や特徴、そして、ネガティブな噂の真相について詳しく解説していきます。

ウブロの購入を検討している方、ウブロに興味を持っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事のポイント!
  • ウブロがどのようなブランドなのか理解できる。
  • なぜ「ウブロ 終わった」と言われるのか、その理由がわかる。
  • ウブロの時計が持つ魅力や価値を再認識できる。
  • 自分にとってウブロの時計がふさわしいかどうか判断できる。
タップできる目次

「ウブロ 終わった」って本当?噂の真相を解説!

「ウブロ 終わった」って本当?噂の真相を解説!

上のリストから興味のある見出しに直接アクセスできます。

ウブロとはどんなブランド?

ウブロは、1980年に創業したスイスの高級時計ブランドです。

比較的新しいブランドですが、スイスの伝統的な時計製造技術と、革新的な素材やデザインを融合させた唯一無二の世界観で、世界中の人々を魅了しています。

ウブロの最大の特徴は、「アート・オブ・フュージョン(The Art of Fusion)」というブランドコンセプトです。

アート・オブ・フュージョンとは

アート・オブ・フュージョンとは、異なる素材やアイデアを融合させることで、これまでにない独創的な時計を生み出していくというもの。

例えば、高級時計には珍しいラバーストラップをいち早く採用したり、金とセラミックなど、異素材を組み合わせた時計を数多く発表しています。

また、自社製ムーブメントの開発にも力を入れており、複雑な機構を搭載したモデルも多数発表しています。

このように、ウブロは伝統と革新を融合させながら、常に時計界に新しい風を吹き込み続けているブランドといえるでしょう。

なぜ「ウブロが終わった」と言われるのか

なぜ「ウブロが終わった」と言われるのか

なぜ、ウブロは終わったと言われるのか?次のような理由が考えられます。

ウブロが終わったと言われる理由
  1. 一時的なデカ厚ブームの終焉
  2. 時計のトレンド変化による影響
  3. 一部の層に定着した成金的イメージ
  4. ムーブメントなど品質への懸念
  5. 資産価値としての低いリセールバリュー

では、順に説明していきます。

一時的なデカ厚ブームの終焉

2000年代前半から中期にかけて、腕時計業界では「デカ厚ブーム」と呼ばれるトレンドがありました。

ウブロの「ビッグバン」も、このデカ厚ブームを牽引した時計の一つとして知られています。

しかし、流行は移り変わるもの。2010年代に入ると、デカ厚ブームは徐々に落ち着きを見せ始めます。

スマートウォッチの台頭により、腕時計に求められる役割が変化したことや、ファッションのトレンドが、よりシンプルでミニマルな方向へとシフトしていったことも、デカ厚ブーム終焉の要因として考えられています。

管理人

一時は人気を博したデカ厚時計は、以前ほどの勢いを失い、現在に至ります。

時計のトレンド変化による影響

デカ厚ブームの終焉と同様に、ウブロの評判に影響を与えたと考えられるのが、時計トレンドの変化です。

ウブロは、個性的で存在感のあるデザインが魅力の一つですが、近年主流となっているシンプルなデザインを求める層にとっては、魅力的に映らない場合もあるでしょう。

また、機械式時計の人気が高まっていることも、ウブロの影を薄くしている一因として挙げられます。

近年、時計愛好家の間では、機械式時計の複雑な機構や職人の手作業による温かみが再評価されています。

ウブロは、クォーツ式やスマートウォッチなど、機械式以外の時計も展開しているため、機械式時計の愛好家からは、伝統的な時計ブランドと比較して見劣りしてしまう可能性もあるでしょう。

一部の層に定着した成金的イメージ

ウブロは、その大胆なデザインと高価格帯から、一部の層に成金的なイメージを持たれてしまうことがあります。

特に、2000年代のデカ厚ブームの際には、その派手な見た目から、経済的に成功した人々がステータスシンボルとして身につける時計といった印象を持つ人も少なくありませんでした。

このイメージが、ウブロに対してネガティブな印象を抱く原因の一つとなっている可能性があります。

もちろん、ウブロは高品質な素材と精巧な技術で製造された高級時計ブランドです。

管理人

成金のイメージだけが先行してしまい、本来の魅力が十分に理解されていないケースも散見されます。

ムーブメントなど品質への懸念

ウブロは自社製ムーブメント「ウニコ」を開発するなど、時計製造に力を入れています。

管理人

しかし、一部では、その品質に対して疑問視する声もあがっています。

その理由の一つに、比較的新しいブランドであるがゆえに、長い歴史を持つ老舗ブランドと比較して、ムーブメントの信頼性や耐久性において、まだ実績が乏しいと見なされることがあるためです。

ウブロは、デザイン性の高さや革新的な素材使いが注目されがちですが、その一方で、時計の精度や耐久性といった、時計本来の機能面に関する評価は、あまり高くないという意見も耳にすることがあります。

資産価値としての低いリセールバリュー

ウブロは、ロレックスやパテックフィリップといった、資産価値の高い時計ブランドと比較して、リセールバリューが低い傾向にあります。

これは、ウブロがまだ歴史の浅いブランドであることや、中古市場での需要が、供給に追いついていないことが要因として考えられます。

また、ウブロの特徴である、斬新なデザインや素材使いが、万人受けするとは限らないことも、リセールバリューに影響を与えている可能性があります。

時計は、適切なメンテナンスを行えば、長期間にわたって使用できる耐久性の高いものです。そのため、購入時にリセールバリューを重視する人も少なくありません。

しかし、ウブロの時計は、資産価値というよりも、その独創的なデザインや革新的な技術を楽しむという、所有する喜びを満たしてくれるアイテムとして捉えるのが良いでしょう。

「ウブロはやめとけ!」は本当?

「ウブロはやめとけ!」は本当?

結論から言えば、「ウブロはやめとけ!」は、必ずしも真実ではありません。

確かに、前述したように、ウブロの時計には、リセールバリューの低さや、一部の人に成金的なイメージを持たれているといった側面があります。

しかし、ウブロは、スイスの伝統的な時計製造技術と、革新的なデザインを融合させた、魅力的な時計を数多く生み出しているブランドです。

「ウブロ=成金」といったステレオタイプなイメージだけで判断するのではなく、ウブロの時計が持つ、独創的なデザインや、革新的な技術に対する情熱に目を向けてみることが大切です。

もし、ウブロの時計のデザインやコンセプトに魅力を感じるのであれば、「やめとけ」という意見に左右されることなく、自分の感性を信じてみるのも良いのではないでしょうか。

リセールバリューが悪いってホント?

ウブロのリセールバリューは低い」という噂は、残念ながら、あながち嘘ではありません。

ウブロは、ロレックスやパテックフィリップなどの有名ブランドと比較すると、リセールバリューが低い傾向にあります。

その理由は、ブランドの歴史が浅く、中古市場での需要が安定していないためです。

また、ウブロの時計は個性的なデザインが多く、万人受けするとは限らないことも、リセールバリューに影響を与えていると考えられます。

もし、あなたが時計を投資目的で購入するのであれば、ウブロよりも、ロレックスやパテックフィリップなど、リセールバリューの高いブランドを選ぶ方が賢明かもしれません。

管理人

しかし、時計は本来、時を刻むための道具であり、身につける人の個性を表現するアイテムでもあります。

もし、あなたがウブロの時計のデザインやコンセプトに魅力を感じるのであれば、リセールバリューの低さを理由に購入を諦める必要はありません。

中古市場での価値は?

中古市場での価値は?

ウブロの中古市場での価値は、モデルや状態、そして市場の需要によって大きく変動します。

一般的には、定番モデルである「ビッグバン」や「クラシックフュージョン」は、人気が高く、中古市場でも比較的高値で取引されています。

特に、状態の良いものや、生産数が限定された希少モデルは、プレミア価格が付くことも珍しくありません。

一方で、ウブロは毎年、新作モデルや限定モデルを多数発表しています。そのため、新作モデルが発売されると、旧型モデルの中古価格が下落する傾向にあります。

ウブロは、他の高級時計ブランドと比較して、デザインや素材使いが個性的なため、中古市場での需要が、供給に追いついていないモデルも存在します。

リセールランキングの位置付け

高級時計のリセールバリューを比較するランキングにおいて、ウブロは、ロレックスやパテックフィリップといったトップブランドと比較すると、下位に位置することが多いです。

これは、前述したように、ブランドの歴史が浅く、中古市場での需要が安定していないことなどが要因として挙げられます。

しかし、ウブロの中にも、リセールバリューが高いモデルが存在することも事実です。

例えば、定番モデルの「ビッグバン」や「クラシックフュージョン」は、中古市場でも人気が高く、比較的高値で取引されています。

管理人

限定モデルや希少モデルは、プレミア価格が付くこともあります。

ウブロの時計をリセールバリューの観点から検討する場合は、人気モデルや限定モデルを選ぶことが重要です。。

さらに、購入時の状態や保管状態によって、リセールバリューは大きく変動することを理解しておきましょう。

「ウブロ 終わった」は誤解?ウブロをおすすめする理由

「ウブロ 終わった」は誤解?ウブロをおすすめする理由

上のリストから興味のある見出しに直接アクセスできます。

ウブロを身につけてる人はどんな人?

ウブロの時計を愛用する人は、一言で表すと「個性的なスタイルを持つ人」と言えるでしょう。

ウブロの時計は、その大胆なデザインと、革新的な素材使いから、周囲の目を引く存在感を放ちます。

そのため、自分の個性を表現することを恐れない、自信に満ち溢れた人々に選ばれることが多いです。

ウブロは、サッカーやモータースポーツなど、様々な分野と積極的にコラボレーションを行っていることでも知られています。

そのため、ウブロの時計を身につけることは、その人の趣味やライフスタイルを表現する手段としても機能していると言えるでしょう。

後悔しないための選び方

後悔しないための選び方

ウブロの時計を購入する際に後悔しないためには、以下の3つのポイントを意識することが重要です。

  • ライフスタイルに合ったモデルを選ぶこと
  • 購入前に実物を触ってみること
  • 信頼できる販売店を選ぶこと

それぞれ、紹介していきます。

ライフスタイルにあったモデルを選ぶこと

まず第一に、自分のライフスタイルに合ったモデルを選ぶこと。

ウブロは、スポーティーなデザインから、エレガントなデザインまで、幅広いラインナップを展開しています。

例えば、ビジネスシーンで着用する機会が多いのであれば、シンプルで洗練されたデザインの「クラシックフュージョン」がおすすめです。

一方、休日にアクティブに過ごすことが多いのであれば、耐久性に優れた「ビッグバン」が適しているでしょう。

購入前に実物を触ってみること

第二に、購入前に実物を手に取って確認することです。

ウブロの時計は、写真で見るよりも、実物は存在感があります。

サイズ感や装着感を確かめずに購入してしまうと、イメージと違ったということもあり得ます。

信頼できる販売店を利用すること

最後に、信頼できる販売店で購入すること。

ウブロは、並行輸入品も多く出回っています。

並行輸入品は、正規店で購入するよりも安価であることが多いですが、保証やアフターサービスが受けられない場合もあるため注意が必要です。

ビッグバンはどんなモデル?

ビッグバンはどんなモデル?

ビッグバン」は、2005年に誕生した、ウブロを代表する人気コレクションです。

その名の通り、ケースサイドに複数のビスが打ち込まれた、舷窓(船の窓)をモチーフにした特徴的なベゼルが目を引きます。

管理人

この大胆なデザインは、高級時計の概念を覆し、一躍ウブロのアイコンとなりました。

また、ウブロのブランドコンセプトである「アート・オブ・フュージョン」を体現するモデルとしても知られており、セラミックやカーボン、ラバーなど、様々な素材を組み合わせた、独創的なモデルが数多く展開されています。

ビッグバンは、スポーティーでありながら、高級感も兼ね備えているため、カジュアルからフォーマルまで、幅広いシーンで着用できる点も魅力です。

クラシックフュージョンはどんなモデル?

クラシックフュージョンはどんなモデル?

クラシックフュージョン」は、ウブロの原点回帰モデルとして、2010年に誕生しました。

ブランドの創業当時から続く、船の舷窓をイメージしたケースデザインはそのままに、現代的な解釈を加えることで、よりシンプルで洗練されたデザインへと進化を遂げています。

ビッグバンと比較すると、ケース径も小さめで薄型のため、装着感が良く、スーツスタイルにも合わせやすい点が特徴です。

また、素材使いにおいても、ウブロの革新性が発揮されており、チタンやセラミック、キングゴールドなど、様々な素材が用いられています。

クラシックフュージョンは、シンプルながらも、ウブロらしい個性を主張できる時計として、幅広い層から支持を集めています。

シェイプドってどんなモデル?

シェイプドってどんなモデル?

シェイプド」は、ウブロの独創的なデザインセンスが際立つ、個性的なフォルムの時計コレクションです。

一般的なラウンド型ではなく、正方形や樽型など、様々な形状のケースを採用している点が特徴です。

その中でも特に人気が高いのが、「スピリット オブ ビッグ・バン」です。

このモデルは、ウブロのアイコンである「ビッグバン」のデザインコードを踏襲しつつ、樽型のケースを採用することで、よりエレガントでスタイリッシュな印象に仕上がっています。

また、ケース素材には、チタンやセラミック、キングゴールドなど、高級感溢れる素材が用いられており、ウブロの時計製造における高い技術力を証明しています。

管理人

シェイプドは、一般的な時計では満足できない、個性的なタイムピースを求める方におすすめのコレクションです。

ウブロ終わったは本当? 真相と魅力を徹底解説:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • ウブロはスイスの高級時計ブランドである
  • 比較的歴史は浅いが革新的な技術とデザインを融合させている
  • ブランドコンセプトは「アート・オブ・フュージョン(The Art of Fusion)」
  • ラバーストラップをいち早く高級時計に採用した
  • 2000年代の「デカ厚ブーム」を牽引したブランドの一つである
  • 近年はシンプルで薄型の時計がトレンドになっている
  • 機械式時計の人気が高まっている
  • ウブロはクォーツ式やスマートウォッチも展開している
  • 大胆なデザインと高価格帯から成金的なイメージを持たれることがある
  • ムーブメントの信頼性や耐久性については疑問視する声もある
  • ロレックスやパテックフィリップと比べるとリセールバリューは低い
  • 定番モデルや限定モデルは中古市場で比較的高値で取引されることもある
  • 個性的なスタイルとライフスタイルを表現したい人におすすめ
  • 購入する際は自分のライフスタイルに合ったモデルを選ぶことが重要
  • 実物を確認し、信頼できる販売店で購入することが大切
  • ウブロは資産価値よりも所有する喜びを満たすアイテムとして捉えるべきである

高級腕時計についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

ウブロ終わったは本当?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次