\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

【重要】ウブロはやめとけの声は本当?その真相と魅力を深掘り解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ウブロはやめとけ!

ウブロはやめとけ!

ネット上でそんな言葉を目にして、ウブロの購入をためらっていませんか?

確かに、ウブロの時計は、その独特なデザインや高価格帯から、賛否両論あるのも事実です。

成金っぽい」「派手すぎる」「時代遅れ」といったイメージを持たれ、嫌われることもあるかもしれません。

しかし、ウブロの時計には、そういったネガティブなイメージを覆すほどの魅力もたくさんあります。

この記事では、「ウブロはやめとけ」と言われる理由を徹底解説するとともに、ウブロの時計の魅力についても深く掘り下げていきます。

ウブロの時計の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント!
  • ウブロの時計「やめとけ」と言われる理由
  • ウブロの時計が持つ本当の魅力
  • ウブロの時計おすすめな人とそうでない人
  • ウブロの時計を購入する際の注意点
タップできる目次

ウブロはやめとけは本当?噂の真相を徹底解説!

ウブロはやめとけは本当?噂の真相を徹底解説!

上のリストから興味のある見出しに直接飛びます。

ウブロとは?どんなブランド?

ウブロは、1980年にスイスで誕生した比較的新進気鋭の高級時計ブランドです。

創業者はイタリア人のカルロ・クロッコ氏。

当初は金無垢の時計にラバーベルトを組み合わせた「クラシック」というモデルを発表しましたが、スイスの伝統的な時計製造とはかけ離れたスタイルであったため、時計業界からは異端児扱いされてしまいました。

しかし、斬新なデザインは次第に注目を集め、ヨーロッパの王族やセレブの間で人気を獲得していきます。

そして、2004年に現在のCEOであるジャン-クロード・ビバー氏が就任してから、ウブロはさらに革新的なブランドへと進化を遂げました。

ビバー氏は「異素材の融合」というコンセプトを打ち出し、セラミックやタンタル、カーボンといった従来の時計にはなかった素材を積極的に採用。

2005年には、ウブロのアイコンとなる「ビッグ・バン」を発表し、世界中の時計愛好家を魅了しました。

現在では、クラシックフュージョン、キングパワー、スピリット オブ ビッグバンなど、多彩なコレクションを展開しています。

また、ウブロは、FIFAワールドカップやUEFAチャンピオンズリーグなどの公式タイムキーパーを務めるなど、スポーツ界とのつながりも強く、多くの著名人やアスリートに愛されています。

やめとけと言われる理由

やめとけと言われる理由

ウブロがネット上で「やめとけ」と言われる理由には次のようなイメージがあるからだと推測されます。

ウブロはやめとけと言われる理由
  • 成金っぽいイメージがある
  • 資産価値が低いと思われがち
  • デザインが時代遅れと感じる人も
  • 品質が悪いと誤解されている
  • メンテ費用が高額になりがち

でば、順に詳しく紹介して行きます。

成金っぽいイメージがある

ウブロの時計には「成金っぽい」というイメージを持つ人もいるようです。

これは、ウブロのデザインが、ゴールドやダイヤモンドを多用した派手なものが多いことや、高価格帯であることから、一部の人からは「お金持ちがステータスシンボルとして身につける時計」という印象を持たれているためと考えられます。

また、ウブロが積極的に行っている、著名人やスポーツ選手とのコラボレーションや、華やかなイベントでのプロモーション活動も、「成金」を連想させる一因となっているのかもしれません。

しかし、ウブロの時計は、決して成金趣味のものばかりではありません。

シンプルで洗練されたデザインのモデルも数多くあり、ビジネスシーンにも馴染むものもあります。

管理人

ウブロの時計を選ぶ際には、周りの意見に左右されることなく、自分の感性やライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

資産価値が低いと思われがち

ウブロの時計は、ロレックスやパテックフィリップといった老舗ブランドと比べると、資産価値が低いと思われがちです。

その理由の一つに、ウブロが時計業界の中では比較的歴史が浅いブランドであるという点が挙げられます。

高級時計の価値の決まり方
一般的に、高級時計の価値は、そのブランドの歴史や伝統、希少性、そして状態によって決まります。

長い歴史を持つブランドは、その間に時計製造の技術やノウハウを蓄積し、多くのコレクターから支持を集めてきました。

そのため、中古市場でも高値で取引される傾向があります。

一方、ウブロは1980年に創業したブランドであり、歴史の重みという点では、老舗ブランドに及びません。

また、希少性という点でも、コレクターたちの関心を集めにくいという側面があります。

しかし、時計は資産価値だけで選ぶものではありません。

管理人

自分が本当に気に入ったデザインや機能、ブランドストーリーを持つ時計を選ぶことが大切です。

デザインが時代遅れと感じる人も

ウブロの時計のデザインは、2000年代に一世を風靡した「デカ厚時計」ブームの火付け役となったこともあり、一時期は大きなトレンドとなりました。

しかし、近年では時計のトレンドが変化し、シンプルで薄型のドレスウォッチが人気を集めるようになっています。

そのため、ウブロの時計のデザインは、時代遅れと感じる人もいるかもしれません。

ウブロの時計は、ケースサイズが大きく、厚みがあり、ベゼルや文字盤にダイヤモンドや異素材を多用した、インパクトの強いデザインが特徴。

しかし、ウブロの時計には、他のブランドにはない、大胆で個性的な魅力があります。

もし、あなたがウブロのデザインに少しでも魅力を感じるのであれば、一度は実物を手に取って、その存在感を確かめてみることをおすすめします。

品質が悪いと誤解されている

ウブロの時計は、一部で「品質が悪い」と誤解されていることがあります。

これは、ウブロがデザイン性を重視していることから、時計の機構や精度よりも、外見的な派手さに目が行きがちであることが理由として考えられます。

また、ウブロは、自社製ムーブメントの開発にも力を入れていますが、比較的歴史の浅いブランドであるため、長い歴史を持つ老舗ブランドと比べると、ムーブメントの信頼性や耐久性において、まだ改善の余地があるという意見も聞かれます。

しかし、ウブロの時計は、スイスの伝統的な時計製造の技術と、最新の技術を融合させて製造されており、決して品質が悪いわけではありません。

近年では、自社製ムーブメントの開発や、品質管理の徹底により、時計としての完成度を高めています。

管理人

ウブロの時計を選ぶ際には、その品質についても、しっかりと情報収集をすることが大切です。

メンテ費用が高額になりがち

ウブロの時計は、その複雑な構造や特殊な素材の使用により、メンテナンス費用が高額になりがちです。

ウブロの時計は、一般的な時計修理店では対応できない場合があり、ウブロの正規サービスセンターまたは認定された修理工房に依頼する必要があります。

正規サービスセンターや認定修理工房では、ウブロの時計に関する専門的な知識と技術を持った時計技師が、純正部品を使用して修理やメンテナンスを行います。

そのため、費用は高額になりますが、時計の品質や性能を維持するためには、正規のルートでメンテナンスを受けることが重要です。

具体的なメンテナンス費用は、時計のモデルや状態、修理内容によって異なりますが、オーバーホール(分解掃除)の場合、数万円から数十万円かかることもあります。

また、部品交換が必要になった場合は、さらに費用がかさむ可能性があります。

ウブロの時計を購入する際には、購入後のメンテナンス費用についても考慮しておくことが大切です。

イメージが悪いって本当?

イメージが悪いって本当?

ウブロの時計に対して、「成金っぽい」「派手すぎる」「若者向け」といったイメージを持つ人もいるかもしれません。

確かに、ウブロは、広告戦略として、スポーツ選手やセレブリティを起用し、華やかなイベントで新作を発表するなど、派手で目立つイメージ戦略をとってきました。

そのため、一部の人からは、そのように見られることもあるでしょう。

しかし、ウブロは、時計の本質的な価値である、精度や耐久性、そしてデザインの美しさにもこだわり抜いた、高級時計ブランドです。

近年では、クラシックフュージョンなど、シンプルで洗練されたデザインのモデルも増えています。

ウブロの時計は、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで、幅広い場面で着用することができます。

管理人

ウブロのイメージは、実際に時計を手に取って見てみると、変わるかもしれません。

ウブロは時代遅れ?

ウブロは時代遅れ?

一時期の「デカ厚時計ブーム」の火付け役として、一世を風靡したウブロ。

管理人

しかし、ブームが去った今、そのデザインは「時代遅れ」と感じる人もいるかもしれません。

確かに、現在の時計のトレンドは、シンプルで薄型のドレスウォッチに移り変わっています。

しかしながら、ウブロのデザインは、単なる一過性の流行ではなく、独自の哲学に基づいた、他に類を見ないオリジナリティを持っています。

異素材の融合」というコンセプトのもと、革新的な素材や技術を駆使して生み出される時計たちは、時代を超越した魅力を放っています。

また、ウブロは、常に時代の変化を敏感に捉え、新しいデザインやコレクションを発表し続けています。

定番の「ビッグ・バン」シリーズも、時代に合わせて進化を続け、その人気は衰えることを知りません。

ウブロの時計は、流行に左右されることなく、自分自身のスタイルを表現したいと考える人にとって、最適な選択肢の一つと言えるでしょう。

ウブロをつけてる人はどんな人?ヤンキーっぽい?

ウブロの時計を身につける人は、自分の個性を大切にし、周囲の目にとらわれずに、自分のスタイルを貫きたいと考える人が多いと言えるでしょう。

ウブロの時計は、その大胆なデザインと、革新的な素材使いから、強い個性を放ちます。

そのため、ウブロの時計を選ぶ人は、時計で自己主張をしたい、または、自分のライフスタイルやファッションの一部として、ウブロの時計を楽しみたいと考える人が多いようです。

ウブロの時計は、「ヤンキーっぽい」と感じる人もいるかもしれませんが、それは、ウブロの時計が持つ、力強い存在感や、華やかさによるイメージが先行しているためかもしれません。

実際には、ウブロの時計を愛用している人は、アスリート、ビジネスマン、アーティストなど、多岐に渡り、彼らを一括りにすることはできません。

ウブロの時計は、身につける人によって、全く異なる印象を与える、魅力的な時計と言えるでしょう。

リセールが悪いって本当?

リセールが悪いって本当?

ウブロの時計は、ロレックスやパテックフィリップといった、一部の高級時計ブランドと比べると、リセールバリューが低い傾向にあります。

リセールバリューが低い理由

リセールバリューが低い理由としては、ウブロが時計業界の中では比較的歴史が浅いブランドであることや、中古市場での需要と供給のバランス、そして、時計の状態によって価格が大きく変動することが理由として考えられます。

ウブロの時計は、他の高級時計ブランドと比べて、中古市場での流通量が少ないため、需要と供給のバランスから、リセール価格が低くなる傾向があります。

また、ウブロの時計は、デザインや素材使いが特徴的であるため、中古市場では、特定のモデルやデザインに人気が集中し、他のモデルは価格が下落しやすくなる傾向があります。

中古を購入する場合の注意点

さらに、ウブロの時計は、複雑な構造や特殊な素材を使用しているため、メンテナンス費用が高額になりがちです。

そのため、中古で購入する場合は、時計の状態をよく確認し、将来的なメンテナンス費用も考慮する必要があります。

近年の中古市場での動向

ウブロの時計は、一時のブームは過ぎ去ったものの、一過性ではない人気が高まっており、中古市場でも高値で取引されるモデルも増えてきています。

特に、限定モデルや希少価値の高いモデルは、プレミア価格が付くこともあります。

ウブロの時計を売却する際には、複数の買取業者に査定を依頼し、より高値で売却できる業者を選ぶことが大切です。

【ウブロはやめとけ?】それでもおすすめしたい理由とは

【ウブロはやめとけ?】それでもおすすめしたい理由とは

上のリストから興味のある見出しに直接飛びます。

中古で買うのがおすすめ?

ウブロの時計は、新品で購入すると高額ですが、中古市場では比較的手頃な価格で購入できる場合があります。

そのため、「どうしてもウブロの時計が欲しいけれど、予算が限られている」という方は、中古での購入を検討してみるのも良いかもしれません。

リセールバリューが今は低いため中古は狙い目

中古のウブロの時計を購入するメリットは、なんといっても価格の安さです。

ウブロのリセールバリューは低めであるため、新品と比較して数万円から数十万円安く購入できる場合もあります。

今後、リセールバリューが高まる可能性もあるので、タイミングがよければ資産時計としても候補に入るかもしれません。

時計の状態をしっかり確認すべき

しかし、中古で購入する場合は、時計の状態をよく確認することが重要です。

外装に傷や汚れがないか、ムーブメントに不具合がないかなどを、しっかりとチェックする必要があります。

可能であれば、信頼できる中古時計店で購入するか、購入前に時計技師に鑑定を依頼することをおすすめします。

また、保証期間が残っているかどうかも確認しておきましょう。

ウブロの腕時計5つの魅力

ウブロはネット上で「やめとけ」「後悔」「終わった」などとネガティブなワードとともに検索される方が多いですが、実際にはたくさんの魅力を持った腕時計です。

ここでは、ウブロの魅力をまとめていきます。

ウブロの5つの魅力
  1. 唯一無二の大胆なデザイン
  2. 高級感と遊び心ある素材使い
  3. スポーツ選手に愛用者が多い
  4. タブランドにはない個性がある
  5. 所有感を満たしてくれる高級感

では、順番に確認して行きましょう。

魅力① 唯一無二の大胆なデザインが魅力

ウブロの時計といえば、その大胆でアバンギャルドなデザインが最大の魅力と言えるでしょう。

異素材の融合」というコンセプトのもと、従来の時計の常識にとらわれない、斬新な素材使いとデザインに挑戦し続けています。

例えば、ウブロのアイコン的存在である「ビッグ・バン」は、その特徴的なベゼルデザインと、異素材を組み合わせた多層構造が、見る人の目を惹きつけます。

また、「クラシックフュージョン」は、シンプルなデザインの中に、ウブロの革新的な技術と美意識が凝縮されています。

さらに、ウブロは、数多くのアーティストやブランドとのコラボレーションモデルも発表しており、常に時計界に驚きと興奮を提供しています。

ウブロの時計は、単なる時間を知るための道具ではなく、身につける人の個性を表現する、まさに「腕時計以上の存在」と言えるでしょう。

魅力② 高級感と遊び心ある素材使い

ウブロは、高級時計の伝統的な素材であるゴールドやプラチナはもちろんのこと、セラミック、タンタル、カーボン、サファイアクリスタルなど、これまで時計には使われてこなかったような、斬新な素材を積極的に採用していることでも知られています。

これらの素材は、軽量で耐久性が高く、傷がつきにくいなど、時計に求められる機能性を高めるだけでなく、ウブロならではの独創的なデザインを生み出すのにも貢献しています。

例えば、ウブロが独自に開発した「マジックゴールド」は、18Kゴールドとセラミックを融合させた、世界初の傷のつきにくいゴールド合金です。

また、「レッドマジック」は、セラミックと酸化鉄を組み合わせることで、鮮やかなレッドを実現した、世界初の素材です。

ウブロは、これらの革新的な素材を駆使することで、高級感と遊び心を兼ね備えた、唯一無二の時計を生み出し続けています。

魅力③ スポーツ選手に愛用者が多い

ウブロは、多くのスポーツ選手から支持を集めているブランドとしても知られています。

特に、サッカー界との結びつきが強く、FIFAワールドカップUEFAチャンピオンズリーグの公式タイムキーパーを務めたほか、キリアン・エムバペ選手やペレ氏など、数多くのスター選手とアンバサダー契約を結んでいます。

また、陸上競技のウサイン・ボルト氏や、バスケットボールのコービー・ブライアント氏など、他の競技のトップアスリートからも愛されています。

ウブロの時計は、スポーティーで力強いデザインと、軽量で耐久性に優れた素材使いが、アスリートたちの心を掴んでいるのでしょう。

管理人

彼らは、ウブロの時計を身につけることで、自らの成功や挑戦への意志を表現しているのかもしれません。

魅力④ 他ブランドにはない個性がある

ウブロの時計は、他の高級時計ブランドにはない、強烈な個性と存在感を放っています。

それは、ウブロが、時計製造の伝統的な価値観にとらわれず、「異素材の融合」という独自のコンセプトを追求し続けているからです。

大胆なデザイン、革新的な素材使い、そして、他のブランドとの予想外の collaborations。

ウブロは、常に時計界に驚きと興奮を提供し、他に類を見ない個性を確立しています。

管理人

もしあなたが、周りの人と違う、自分だけのスタイルを表現できる時計を探しているのであれば、ウブロは最良の選択肢の一つとなるでしょう。

ウブロの時計は、身につける人の個性を際立たせ、自信を与えてくれる、まさに「相棒」のような存在になってくれるはずです。

魅力⑤ 所有感を満たしてくれる高級感

ウブロの時計は、身につける人の所有欲を満たしてくれる、圧倒的な高級感を備えています。

それは、厳選された素材、高度な技術、そして、細部までこだわり抜かれたデザインによって生み出されます。

管理人

ウブロの時計を手に取った瞬間、そのずっしりとした重みに、本物の高級時計だけが持つオーラを感じることでしょう。

ケースやベゼルの輝き、文字盤の繊細な仕上げ、そして、滑らかな肌触りのストラップ。

すべてが完璧に調和し、所有する喜びを満たしてくれます。

ウブロの時計は、単なる時間を知るための道具ではなく、身につける人のステータスを象徴する、まさに「成功者の証」と言えるでしょう。

クラシックフュージョンがおすすめ!

クラシックフュージョンがおすすめ!

ウブロの時計の中でも、特におすすめしたいのが「クラシックフュージョン」コレクションです。

クラシックフュージョンは、ウブロの原点である「クラシック」のデザインを現代的に解釈した、シンプルながらもエレガントな時計です。

ビジネスシーンにも合わせやすく、スーツやジャケットスタイルにも自然と馴染みます。また、素材やカラーバリエーションも豊富。

定番のステンレススチールやチタンはもちろんのこと、セラミックやキングゴールドなど、ウブロ独自の素材を使ったモデルもラインナップされています。

さらに、文字盤のデザインも、シンプルなものから、複雑な機構を搭載したものまで、幅広く揃っています。

管理人

クラシックフュージョンは、ウブロの時計の中でも、特に汎用性が高く、様々なシーンで活躍してくれる、万能な時計と言えるでしょう。

ウブロは後悔する?買ってはいけない人の特徴

ウブロは後悔する?買ってはいけない人の特徴

ウブロの時計は、決して安い買い物ではありません。

だからこそ、購入前にしっかりと検討し、本当に自分に合った時計なのかを見極める必要があります。

ここでは、ウブロの時計を購入して後悔する可能性のある人の特徴をいくつかご紹介します。

  • 周囲の意見に流されやすい人
  • 資産価値を重視する人
  • 流行に敏感な人

自身が当てはまるかどうか確認してみてください。

周囲の意見に流されやすい人

ウブロの時計は、好き嫌いが分かれるデザインです。

周囲の人に「かっこいい」と言われたり、流行しているからという理由だけで購入すると、後から後悔する可能性があります。

資産価値を重視する人

ウブロの時計は、ロレックスなどと比べると、リセールバリューが低い傾向にあります。

そのため、将来的に売却して利益を得たいと考えている場合は、注意が必要です。

流行に敏感な人

ウブロは、常に新しいデザインやコレクションを発表しています。

そのため、最新のモデルを追い求めるあまり、衝動的に購入してしまうと、すぐに飽きてしまう可能性があります。

ウブロの時計は、本当に気に入って、長く愛用したいと思える人にとっては、最高の相棒となってくれるでしょう。

ウブロはやめとけは嘘?本当におすすめできる人

ウブロはやめとけは嘘?本当におすすめできる人

冒頭でも書きましたが「ウブロはやめとけ!」そんな言葉を耳にすることもありますが、それは本当でしょうか。

結論から言えば、ウブロの時計は、決して万人におすすめできるわけではありません。

しかし、ウブロの時計にしかない魅力に惹かれ、その価値観に共感できる人にとっては、最高の時計となるでしょう。

ウブロの時計をおすすめできる人は、例えば以下のような人です。

周りと違う、個性的な時計を探している人

ウブロの時計は、その大胆なデザインや素材使いによって、他のブランドにはない強い個性を放ちます。

もしあなたが、ありきたりな時計では満足できない自分だけのスタイルを表現できる時計を探しているのであれば、ウブロは最適な選択肢の一つとなるでしょう。

時計の品質や技術にもこだわりたい人

ウブロは、スイスの伝統的な時計製造の技術と、最新の技術を融合させ、高品質な時計を生み出しています。

自社製ムーブメントの開発にも力を入れており、時計愛好家も納得のクオリティを誇ります。

そのため、品質や技術にも拘りたい人にはウブロは最適と言えるでしょう。

価値観に合った時計を、長く愛用したい人

ウブロは、「異素材の融合」という独自のコンセプトを掲げ、常に新しい挑戦を続けています。

その姿勢に共感できる人にとって、ウブロの時計は、単なるステータスシンボルではなく、自身の価値観を表現する大切なパートナーとなるでしょう。

ウブロはやめとけの声は本当?:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • ウブロはスイス発の高級時計ブランドである
  • 大胆なデザインと革新的な素材使いが特徴
  • 2005年発表の「ビッグ・バン」はウブロのアイコン的存在
  • 一部のモデルに高額なイメージがあり「成金っぽい」と感じる人もいる
  • 資産価値はロレックスやパテックフィリップと比べると低いと思われがち
  • 一部の人の意見やイメージが先行し、実際よりも品質が劣ると誤解されている
  • 複雑な構造や特殊素材の使用により、メンテナンス費用が高額になりがち
  • デカ厚時計ブームが去った今、デザインが時代遅れと感じる人もいる
  • ビジネスシーンには不向きと感じる人もいるかもしれない
  • ウブロの時計は個性を大切にし、自分のスタイルを貫きたい人に選ばれている
  • 周りと違う個性的な時計を探している人におすすめ
  • 時計の品質や技術にこだわる人にもおすすめ
  • 自分の価値観に合った時計を長く愛用したい人にもおすすめ
  • ウブロは決して万人におすすめできる時計ではない
  • 購入する際はメリットだけでなくデメリットも理解した上で検討することが重要
  • 実際に手に取って、自分の目で確かめてみるのが一番である

高級腕時計についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

ウブロはやめとけ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次