\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

セイコーのツナ缶は芸能人が選ぶダイバーズウォッチ!人気5モデルも

当ページのリンクには広告が含まれています。
画像引用元:セイコー

セイコーのダイバーズウォッチ、いわゆる「ツナ缶」は、その独特なデザインと高い機能性で知られています。

なぜ「ツナ缶」と呼ばれるのか、その理由は時計の外観が缶詰のツナに似ているからです。

この記事では、セイコーのツナ缶を愛用する芸能人たちにスポットを当て、彼らがこの時計のどのような特徴や魅力に惹かれているのかを掘り下げます。

さらに、初代モデルから最新の海外モデルまで、セイコーのツナ缶のおすすめモデルも紹介します。

セイコーのツナ缶を芸能人が選ぶ理由には、ただ単に時間を知るためのツール以上の、深い魅力があるのです。

この記事のポイント!
  • ツナ缶という愛称の由来とデザインの特徴。
  • ツナ缶シリーズの特徴や魅力について。
  • 芸能人がツナ缶モデルを愛用している理由。
  • おすすめのツナ缶モデルとその特徴。
タップできる目次

セイコーツナ缶芸能人とその魅力

セイコーツナ缶芸能人とその魅力

マリーンマスターがツナ缶と呼ばれる理由

セイコーのマリーンマスターが「ツナ缶」という愛称で呼ばれるようになったのには、ユニークな由来があります。

それでは、なぜこのような名前がついたのでしょうか。

理由は、この時計のケース形状が、缶詰のツナのように見えることから、この愛称が生まれました。

特に、時計のケースを保護するために外側に付けられた外胴プロテクターが、ツナ缶を連想させる形状をしているのです。

このユニークなデザインは、時計愛好家たちの間で話題となり、「ツナ缶」という名前が定着しました。

ただ、この愛称がついた背景には、ただ形が似ているだけでなく、マリーンマスターが持つ堅牢性と高い機能性への敬意も含まれています。

このように、「ツナ缶」という愛称は、マリーンマスターの特徴的なデザインと、その機能性を称賛する意味も込められているのです。

ツナ缶(マリーンマスター)の7つの特徴と魅力

ツナ缶(マリーンマスター)の7つの特徴と魅力

ツナ缶、つまりセイコーのマリーンマスターには、多くの特徴と魅力があります。

ツナ缶の特徴・魅力
  • ケースの大迫力サイズ感
  • リューズを4時位置に配した設計
  • 最新モデルのシリコンベルト仕様
  • 精度の追及が魅力の一つ
  • 機能性を第一に考えたデザイン
  • その背後にある深い物語
  • プロフェッショナルのための実用性

それでは、これらの特徴と魅力を順に紹介していきます。

ケースの大迫力サイズ感

マリーンマスターシリーズのケースサイズは、一般的な腕時計と比較しても非常に大きいです。これは、ダイバーズウォッチとしての機能性を最大限に引き出すための設計に他なりません。

大きなケースは、深海での視認性を高め、また内部の機械を保護する役割も果たします。

この大迫力あるサイズ感は、ツナ缶シリーズの特徴の一つであり、多くの時計愛好家に支持されています。

管理人

ただ、このサイズ感が合うかどうかは個人の好みによりますので、実際に着用してみることをお勧めします。

リューズを4時位置に配した設計

通常、腕時計のリューズはケースの3時位置に配置されることが多いですが、ツナ缶シリーズでは4時位置にリューズを配置しています。

このユニークな設計には、実用性が考慮されています。

4時位置にリューズを配置することで、手首の動きを妨げにくくし、長時間着用していても違和感が少ないのです。

管理人

また、ダイビング時の誤操作を防ぐ効果も期待できます。

このように、リューズを4時位置に配する設計は、ツナ缶シリーズならではの特徴であり、その実用性の高さを象徴しています。

最新モデルのシリコンベルト仕様

最新のツナ缶シリーズにおいて、シリコンベルトの採用は注目に値します。

シリコンベルトは、その柔軟性と耐久性に優れており、水中はもちろん、日常生活でも快適に使用できる素材です。また、肌に優しく、アレルギー反応を引き起こしにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。

このシリコンベルトにより、ダイバーズウォッチとしての実用性がさらに高まり、様々な環境下での使用に対応できるようになりました。

ただし、デザインや色の好みは人それぞれですので、選択肢が広がることは利用者にとって喜ばしい点でしょう。

精度の追及が魅力の一つ

ツナ缶シリーズの最大の魅力の一つは、その精度の高さにあります。

セイコーは、長年にわたり時計製造の技術を磨き続けており、その結果として非常に高い精度を実現しています。

特に、自動巻きやクォーツモデルでは、時間の進みが遅れることなく、日常生活はもちろん、プロフェッショナルな使用にも耐えうる性能を備えています。

精度の高さは、ダイバーズウォッチとしてはもちろん、時計としての基本的な機能を極めた証です。

管理人

時計の精度を保つためには、定期的なメンテナンスが必要となる場合もありますので、その点は注意が必要です。

機能性を第一に考えたデザイン

ツナ缶のデザインは、見た目の印象だけではありません。

実は、この独特な外観は、極限の環境下での使用を想定して、機能性を最優先に考えて作られています。

例えば、外胴プロテクターは、時計を物理的な衝撃から守るだけでなく、水圧による影響を最小限に抑えるためのものです。

また、リューズが4時位置にあるのも、手首の動きを妨げず、操作性を高めるための工夫です。

これらはすべて、ダイバーズウォッチとしての機能を最大限に発揮するための設計といえます。

ただし、このような特殊なデザインがすべての人に受け入れられるわけではなく、好みが分かれる点でもあります。

その背後にある深い物語

セイコーのツナ缶が持つ独特のデザインと機能性の背後には、深い物語があります。

その始まりは、プロフェッショナルダイバーからの一通の手紙でした。彼らは、より過酷な条件下で使用できるダイバーズウォッチを求めていました。これに応える形で生まれたのが、マリーンマスター、通称「ツナ缶」です。

この時計は、単に時を刻む道具以上の価値を持っており、それは命を預けることができるほどの信頼性と、厳しい環境に挑む冒険家の精神を象徴しています。

ただ、この背景を知らずにツナ缶を見ると、その外観から受ける印象とは大きく異なるかもしれません。

管理人

このように、ツナ缶には見た目だけではない、深い物語が込められているのです。

プロフェッショナルのための実用性

プロフェッショナルのための実用性

セイコーのツナ缶は、ただのアクセサリーとしてではなく、実際に厳しい環境で使用されることを想定して設計されています。

この時計の開発にあたり、セイコーはプロフェッショナルダイバーの声を聞き、深海での使用に耐えうる堅牢性、高い防水性能、そして優れた視認性を実現しました。

また、外胴プロテクターや4時位置のリューズなど、細部にわたる工夫が施されている点も、プロフェッショナルのための実用性を物語っています。

ただし、これらの機能は、日常生活での使用においてもその価値を発揮します。

そのため、ツナ缶はダイバーだけでなく、時計愛好家からも高い評価を受けています。

ツナ缶(マリーンマスター)のおすすめモデル

ツナ缶シリーズには多くのモデルが存在し、それぞれに特徴があります。

例えば、初代モデルであるマリーンマスター プロフェッショナルは、その歴史的価値と、タフな使用条件にも耐える堅牢性で知られています。

また、ソーラー機能を搭載したモデルは、環境に優しく、長期間の使用にも適しているというメリットがあります。自動巻きモデルは、その機械式時計としての魅力と、精密な時間計測能力で支持されています。

ただし、モデルによっては価格が高額になることもあるため、購入の際には予算を考慮する必要があります。

このように、ツナ缶シリーズにはさまざまなおすすめモデルがありますが、どれを選ぶかは、使用目的や好み、予算によって異なります。

おすすめNo.1 SBBN042

“SBBN042″は、男らしさにロマンティックな要素を織り交ぜた、ユニークなダイバーズウォッチです。この時計は「ヴァイオレット・オーシャン」という名前でも知られ、夕暮れ時の海が持つ一瞬の美しさを表現。

このモデルの魅力は、そのロマンチックな美しさの中にも「儚さ」が感じられる点にあります。

黒とバイオレット、そしてゴールドの色合いが絶妙に組み合わさり、まるで恋人たちの関係性を思わせるような印象を与えます。

ただ、この時計の真価はファッション性だけにあるわけではありません。

その機能性はプロフェッショナルダイバーの要求にも応えうるほど優れており、深海での過酷な任務にも対応可能です。

おすすめNo.2 SBBN047

このリニューアルモデルは、1975年に発売されたオリジナルの外胴プロテクター構造を踏襲しながらも、プロフェッショナルツールとしての機能性を一層向上させた現行版です。

潜水時間を測定するための分針を矢印形にすることで目立たせ、水中での識別を容易にするために、インデックスは円と三角形のシンプルな形状に限定しています。

また、スーパーブラックダイヤシールドを備えたクオーツ式ダイバーズウォッチとして設計されています。

セイコーが50年以上にわたり積み上げてきた技術革新の成果を集約したマリーンマスター プロフェッショナルは、世界最高水準のパフォーマンスを誇り、全世界のプロダイバーから厚い信頼を受けている。

正真正銘のダイバーズウォッチとしての地位を確立しています。

おすすめNo.3 SBDX038

このモデルは、1975年発売のオリジナル版で採用された外胴プロテクター構造の重要な特徴を取り入れつつ、専門家向けツールとしての純粋さをさらに向上させています。

潜水時の時間追跡を容易にするため、分針は目立つ矢印形にデザインされており、水中での識別を容易にするためインデックスはシンプルな円と三角形で構成されています。

加えて、ベゼルには耐食性と光沢性に優れた「エバーブリリアントスチール」を使用し、精密なダイバーズウォッチ専用機械ムーブメントCal.8L35を搭載。

セイコーが半世紀以上にわたって築き上げてきた技術革新の究極形、マリーンマスター プロフェッショナルは、その最上級のパフォーマンスで世界各地のプロフェッショナルダイバーから厚い信頼を寄せられている、真に卓越したダイバーズウォッチです。

おすすめNo.4 SRPH77K1

キネティック ダイレクトドライブ」技術を採用し、腕の動きだけでなく手巻きによる発電も可能にしています。

この機能により、発電した電力の残量を示すパワーリザーブ表示針が装備されており、手巻き時にはその発電量を示す針として機能します。

この針は、車のタコメーターを思わせるような活発な動きで、そのダイナミックな動きを視覚的に楽しむことが可能。

また、この時計は200メートルの防水性能を持ち、ダイビングや水泳などのアクティビティにも対応しています。

回転ベゼルは、手袋を着用した状態でも操作しやすいよう、左右非対称のデザインが施され、文字盤はつや消し加工が施され、立体的なインデックスが配置されていることで、視認性も高められています。

おすすめNo.5 SNE543P1

このダイバーズウォッチは、セイコー独自の「キネティック ダイレクトドライブ」技術を備え、自然な腕の動きだけでなく、手巻きによっても発電し充電できます。

この進化した機構により、時計は不意に停止する心配がなく、また、充電量が少ない時には手巻きで迅速に充電可能です。

パワーリザーブ表示機能によって充電量を一目で確認でき、ダイビング時の安心感を提供。

また、操作性を高める工夫として、手袋をしたままでも使いやすい回転ベゼルや、視認性の高いダイヤルとインデックス、伸縮可能な中留を採用しています。

ツナ缶(マリーンマスター)愛用芸能人

ツナ缶(マリーンマスター)を使用している芸能人には、千葉真一さん加藤浩次さんがいます。

ツナ缶を愛用する芸能人
  • 千葉真一さん:7C46-7009
  • 加藤浩次さん:SBDX012

これらの時計は、その性能の高さとデザインの美しさで知られ、愛用する芸能人の個性とライフスタイルを反映しています。

7C46-7009 千葉真一さん

千葉真一さんが愛用しているセイコー プロフェッショナル ダイバー、リファレンスナンバー7C46-7009は、セイコーダイバーズウォッチの中でも特に注目されるモデルです。

この時計は耐水性能1000mを誇り、ワンピース構造の堅牢なケースが特徴的で、大型のケースサイズが千葉さんの強靭なイメージと見事にマッチしています。

また、このモデルは希少なAUTOMATICモデルとしても知られており、そのため中古市場では価格が130,000円から160,000円程度で取引されることがあります。

ただ、この時計の魅力は、その堅牢性や希少性だけにあるわけではありません。千葉さんが着用することで、より一層その魅力が引き立っていると言えるでしょう。

SBDX012 加藤浩次さん

加藤浩次さんが愛用しているセイコー マリーンマスター、国産ダイバーズ50周年記念限定モデルSBDX012は、その名の通り日本のダイバーズウォッチ誕生50周年を記念して製造された特別なモデルです。

この時計は300mの防水性能を持ち、ヘリウムガスを使用する飽和潜水にも対応するプロフェッショナル仕様でありながら、1968年に発表された300mダイバーズウォッチのデザインを踏襲しています。

限定1000本のみの製造で、市場で見かけることはほとんどないレアなモデルです。

ただし、この時計の最大の魅力は、加藤さんが日常的に使用していることにより、その実用性とデザインの良さが証明されている点にあります。

SBDX012は、加藤さんの選択によって、ただの記念モデルで終わらない、生活の中で活躍するダイバーズウォッチとしての価値を持っているのです。

セイコーのツナ缶はダサい?

セイコーのツナ缶シリーズについて、「ダサい」という意見が一部にありますが、この見解は主観的なものです。

実際、ツナ缶は独特なデザインと堅牢な構造で、多くの時計愛好家から高い評価を受けています。

そのデザインは、深海での使用を想定したプロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチとして、高い機能性を追求した結果生まれたもの。

外胴プロテクターや大きなケースサイズは、優れた視認性と耐久性を提供し、実際のダイビングシーンではその真価を発揮します。

管理人

ただ、日常使用においてはその特異な見た目が賛否両論を呼びますが、ファッションの一部として個性を主張したい方にとっては、他にはない魅力を持っています。

このように、「ダサい」という意見も存在しますが、ツナ缶の魅力はその機能性と独特のデザインにあり、利用者の好みや使用シーンによって評価が分かれることが真相です。

ツナ缶ソーラーの特徴

セイコーのツナ缶シリーズの中でも、ソーラーモデルは環境に優しく、維持費用が低いという特徴があります。

このソーラーモデルは、光を電力に変換して時計を動かすため、定期的な電池交換の必要がありません。

特にアウトドア活動が多い方や、長期間にわたり時計のメンテナンスを気にしたくない方にとっては、非常に便利な選択肢です。

また、ソーラーモデルは光源を選ばず、室内の照明などでも充電可能なため、日常生活の中でも容易に充電が行えます。

さらに、セイコーのソーラーテクノロジーは高い充電効率と長期間の電力保持能力を備えているため、安心して使用することが可能です。

管理人

ただし、長期間暗所に置きっぱなしにすると充電が切れる可能性があるため、定期的な光に当てることが推奨されます。

このように、セイコーのツナ缶ソーラーの特徴は、環境に優しく実用的な点にあり、日常使いからアクティブなアウトドアシーンまで幅広く活躍します。

セイコーのツナ缶を芸能人が選ぶ理由

セイコーのツナ缶を芸能人が選ぶ理由

自動巻きの魅力を解説

ツナ缶シリーズの自動巻きモデルは、そのメカニカルな魅力で多くの時計愛好家を惹きつけています。

なお、自動巻き時計とは、腕の動きをエネルギー源として時計を動かす仕組みのこと。この技術により、日常的な動きだけで時計が継続して動き続けるため、定期的な電池交換の必要がなくなります。

特に、セイコー ツナ缶の自動巻きモデルは、高い耐久性と精密な時間計測能力を兼ね備えており、アクティブなライフスタイルを持つ人々にとって理想的な選択肢となっています。

ただ、自動巻き時計は機械式であるため、定期的なメンテナンスが推奨されます。これにより、時計の性能を長期にわたって最適な状態に保つことができます。

管理人

自動巻きモデルの魅力は、その実用性と機械式時計ならではの美学にあります。

オーバーホール必要性を知ろう

セイコーのツナ缶をはじめとする機械式時計において、オーバーホールは非常に重要なメンテナンスの一つです。

オーバーホールとは、時計を分解して清掃し、部品の交換や油の注油を行うことで、時計の精度を保ち、長く愛用するための手段です。

特に、ツナ缶のような高性能なダイバーズウォッチは、厳しい条件下で使用されることが多く、その精度や防水性能の維持には定期的なオーバーホールが不可欠です。

メーカーは一般的に数年に一度のオーバーホールを推奨していますが、使用環境や頻度によってはより頻繁なメンテナンスが必要になる場合もあります。

ただし、オーバーホールは専門的な技術を要するため、信頼できる時計店やメーカーに依頼することが重要です。

このように、ツナ缶のオーバーホールは、時計を長く正確に使い続けるために必要なメンテナンスであり、その性能を最大限に発揮させるためには欠かせないプロセスです。

管理人

オーバーホールをもったいないと思うかもしれませんが、定期的に行うのが長い間使うコツです。

ツナ缶のミニ(baby)モデルとは?

セイコーのツナ缶ミニは、オリジナルのツナ缶シリーズよりも小ぶりで、日常使いしやすいサイズ感を持っているモデルです。

このミニバージョンは、特に腕が細めの人や、大きな時計が苦手な人におすすめされています。

管理人

サイズが小さくなったことで、より洗練された印象を与えつつも、ツナ缶特有の頑丈な造りと機能性はそのままに保たれています。

ただ、ミニサイズであっても、デザインの特徴や防水性能など、ツナ缶としての基本的な魅力はしっかりと受け継がれています。

このように、ツナ缶のミニ(Baby)モデルは、オリジナルモデルの強靭さを保ちながらも、より幅広いユーザーにフィットするデザインとなっているのです。

メカニカルの精密さは高い評価!

ツナ缶のメカニカルモデルは、その精密な機械式ムーブメントにより、高い評価を受けています。

メカニカルとは、自動巻きや手巻きのように、機械的な仕組みで動く時計のことを指し、電池を使用しないため、長期的な使用においても環境に優しいというメリットがあります。

特に、ツナ缶のメカニカルモデルは、セイコーの高度な時計製造技術が凝縮されており、微細な部品が精密に組み合わされています。

この精密さが、長時間にわたって正確な時間を提供し続ける秘密です。

ただし、メカニカル時計は定期的なメンテナンスが必要であり、その精密な構造ゆえに、扱いにはある程度の注意が必要になります。

このように、メカニカルモデルの魅力は、その精密さにあり、時計愛好家を中心に高い人気を誇っています。

セイコーツナ缶初代の歴史

セイコーツナ缶の初代モデルは、1975年に発売されました。

このモデルは、世界初のチタニウム製ダイバーズウォッチとして、その後の時計業界に大きな影響を与えたことで知られています。

特に、初代ツナ缶は、その高い耐水性能と、独特の外胴プロテクターによる堅牢な構造で、プロフェッショナルダイバーからの高い評価を得ました。

また、初代モデルの希少性と、歴史的背景があることから、時計コレクターの間では特に価値が高いとされています。

ただ、この時代を象徴する時計であるため、現代の技術基準から見ると、機能面での違いや操作性の面で違和感を感じる可能性もあります。

このように、セイコー ツナ缶初代の歴史は、時計の技術進化と共に、その価値が再評価され続けているのです。

ツナ缶の中古市場は非常に活発

ツナ缶の中古市場は非常に活発

セイコーツナ缶の中古市場は、時計愛好家の間で非常に活発です。

特に、限定モデルや初代モデルなど、生産数が少ないモデルは、中古市場での価格が新品時の価格を上回ることも珍しくありません。

中古市場での購入は、廃盤になったモデルを手に入れるチャンスであると同時に、時計の状態や正規品であるかどうかを確認する必要があります。

また、中古市場の価格は、時計の希少性や状態、需要によって大きく変動するため、購入時には十分なリサーチが必要です。

ただし、適切な価格で購入できれば、長年にわたり価値が下がらない投資としても楽しめます。このように、セイコー ツナ缶の中古市場は、時計愛好家にとって魅力的な選択肢を提供しています。

海外モデルの人気は世界で高い

セイコーツナ缶の海外モデルは、国内版とは異なる特色やデザインが特徴で、世界中の時計愛好家から高い人気を誇っています。

これらの海外モデルは、特定の国や地域に向けて限定発売されることが多く、それが希少価値を高め、コレクターたちの間で特に求められています。

例えば、特定の色使いやデザインが、その国の文化や好みを反映していることがあり、それが海外モデル独特の魅力となっています。

ただ、海外モデルを手に入れるには、輸入代行サービスを利用するか、海外の正規販売店から購入する必要があるため、手に入れるまでのハードルは高いです。

管理人

しかし、その分、手に入れたときの喜びは大きく、自分だけの特別なツナ缶を持つことができます。

このように、ツナ缶海外モデルの人気は、その希少性と独自のデザインにあり、世界中で愛され続けています。

クオーツモデルの魅力

クオーツモデルは、高精度な時間計測能力とメンテナンスのしやすさで知られており、多くの人々に支持されています。

クオーツモデルは、電池を動力源としており、機械式に比べて時間の精度が非常に高く、日々の使用での時刻のずれが少ないのが特徴です。

また、機械式時計に比べてオーバーホールの頻度が少なく、日常のメンテナンスが容易なため、忙しい人や手間をかけたくない人に最適です。

ただし、電池交換が必要となるため、長期間使用するにはその点を考慮する必要があります。

クオーツモデルは、ツナ缶シリーズの中でも比較的手に入れやすい価格設定がされていることが多く、初めての高級時計としてもおすすめです。

このように、クオーツモデルは、その利便性とコストパフォーマンスの高さで、幅広い層から愛されているのです。

セイコーのツナ缶は芸能人が選ぶダイバーズウォッチ!:総括

最後にこの記事のポイントをまとめておきます。

  • 「ツナ缶」はセイコー マリーンマスターの愛称で、そのユニークなケース形状が由来
  • マリーンマスターは堅牢性と高い機能性で知られる
  • ケースの大きさは、ダイバーズウォッチとしての機能性を最大化するため
  • リューズを4時位置に配置することで、長時間の着用でも違和感が少ない
  • 最新モデルではシリコンベルトが採用され、快適性と耐久性を向上
  • 精度の追求はセイコー ツナ缶シリーズの魅力の一つ
  • デザインは機能性を最優先に考えて作られている
  • 深い物語があり、プロダイバーからの一通の手紙が開発のきっかけ
  • プロフェッショナル用の実用性が高い
  • 芸能人千葉真一さんと加藤浩次さんはツナ缶を愛用
  • ダサいとの意見もあるが、そのデザインと機能性は高く評価されている
  • ソーラーモデルは環境に優しく、メンテナンスが容易
  • 自動巻きモデルはメカニカルな魅力と精密な時間計測能力で人気
  • オーバーホールは機械式時計の性能を維持するために必要
  • ミニモデルは小ぶりで日常使いしやすい
  • メカニカルモデルはその精密さで魅力的
  • 初代モデルは1975年発売で、時計業界に大きな影響を与えた
  • 中古市場は活発で、特に限定モデルや初代モデルは高価で取引される
  • 海外モデルは限定発売が多く、希少価値が高い
  • クオーツモデルは高精度な時間計測能力とメンテナンスのしやすさで支持される

セイコーの腕時計についてもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次